Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

女性の病気シリーズ(4)
外陰部

乳房に異常を感じたら…

乳がんのこと、
どれくらい知ってる?

病気以外の乳房の悩み

分野別テーマ 一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
01
乳房に異常を感じたら…

しこりができたり、痛みがあるなど、乳房の異常はほうっておいてはいけない悩みです。思い当たる点があったら、すぐ外科もしくは乳腺科を受診するようにしましょう。

■こんな症状ありませんか?

 「乳房が張る」のは、月経前であれば女性ホルモンの影響のため、特に病気の心配はありません。しかし、ふだんと違う以下のような症状があらわれた場合には、病気の疑いがあります。注意しましょう。

□しこりがある →乳がん →乳腺症 →乳腺線維腺腫
□乳房がへこんでいる、ひきつる →乳がん
□授乳中、乳房がはれて痛い →乳腺炎
□透明な分泌液が出る →乳腺症
□分泌液に血や膿が混ざっている →乳がん →乳腺症 →乳腺炎
□白いもの(乳汁)が出る →高プロラクチン血症

[乳がん]

次項「乳がんのこと、どれくらい知ってる?」をご参照ください。

[乳腺症]

●特徴と原因
 乳腺にできる良性の腫張。30~40代に多く、特に月経周期が不規則だったり、無排卵性月経の人、出産経験のない人に多く見られます。原因は女性ホルモンのバランスのくずれにより、乳房分泌組織が増殖を起こすのではないかと考えられています。
●症状
 乳腺全体が張ったようなしこりとなり、鈍い痛みをともないます。乳頭から透明な分泌物や血性の分泌物が出ることもあります。他の病気と見分けるため、医師に診察してもらいましょう。
●治療
 原則的に治療の必要はありません。規則正しい生活をすることを心がけましょう。痛みは、硬いカップのブラジャーで乳房を固定して和らげる方法があります。痛みが激しい場合は、男性ホルモンや黄体ホルモンを投与することもあります。

[乳腺線維腺腫]

●特徴と原因
 乳腺にできる良性の腫瘍。20~30代半ばの女性に多く、原因は解明されていません。
●症状
 丸くてかたいしこりが1個できます。痛みがなく、コリコリと動きます。乳がんと見分けるため、医師の診断が必要です。
●治療
 しこりが小さいなら治療の必要はありません。大きくなったら手術で切除しますが、通院ですむ簡単な手術です。

[乳腺炎]

●特徴と原因
 乳腺とその周辺の炎症。主に授乳中に、乳頭から細菌に感染して起こります。
●症状
 授乳時に痛みをともないますが、授乳をやめると乳汁がたまってしまい痛みはさらに強くなります。発赤や発熱をともなったり、膿のかたまりが出ることも。
●治療
 授乳をやめて、医師の診断のもと早めに抗生物質を使うこと。乳汁がたまっている時はマッサージや吸引、場合によっては切開して取り除きます。

[高プロラクチン血症]

●特徴と原因
 プロラクチンという乳汁を出すホルモンが分泌され、出産していないのに母乳が出る病気。特定の薬(精神、神経症状に効果を持つ薬の一部や、降圧剤の一部、胃腸薬の一部)を常用している人や、脳の下垂体に腫瘍がある人に見られます。
●症状
 出産していないのに乳汁が出ることがあります。なかには月経不順や無月経になる人もいます。
●治療
 下垂体に腫瘍がある場合は、脳外科で手術をしたり、薬でプロラクチン値を抑えます。

010203  |

 

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...