知っててよかった! デリケートケアのススメ。生理のときも、ふだんのときもデリケートゾーンが気になること、ありませんか。人によって様々なお悩みがあるからこそ、よく知って賢くケアしたいですね。このコーナーでそんなデリケートケアの情報をお届けします。

知っててよかった! デリケートケアのススメ。生理のときも、ふだんのときもデリケートゾーンが気になること、ありませんか。人によって様々なお悩みがあるからこそ、よく知って賢くケアしたいですね。このコーナーでそんなデリケートケアの情報をお届けします。

知っててよかった! デリケートケアのススメ。生理のときも、ふだんのときもデリケートゾーンが気になること、ありませんか。人によって様々なお悩みがあるからこそ、よく知って賢くケアしたいですね。このコーナーでそんなデリケートケアの情報をお届けします。

  • 1. デリケートゾーンのお悩みについて

    1. デリケートゾーンのお悩みについて

    1. デリケートゾーンのお悩みについて

  • 2. その原因は…

    2. その原因は…

    2. その原因は…

  • 3. デリケートケア こんな方法があるよ

    3. デリケートケア こんな方法があるよ

    3. デリケートケア こんな方法があるよ

1. デリケートゾーンのお悩みについて

デリケートゾーンのお悩みは 色々ありますが、
そのなかでもトップ3は 「におい」「ムレ」「かゆみ・かぶれ」。
季節や体調の変化で 個人差はあるものの、 ほとんどの方が気にされているようです。

デリケートゾーンで気になること

デリケートゾーンで気になること

デリケートゾーンで気になること

01_pic01

01_pic01

01_pic01@sm

2018年花王調べ 20~40代女性 163名

2. その原因は…

におい

生理時の経血や、おりもの、汗や尿などの付着があるために他の部位と比べて気になることが多いようです。

ムレ

下着や生理用品をつけるため、湿度が高くムレやすい傾向があります。

かゆみ・かぶれ

デリケートゾーンの皮膚は、他の部位と比べて角層が薄く粘膜に近いため、生理用ナプキン使用時にかゆみやかぶれを起こすことも。
ムレや経血により、皮膚がふやけると刺激物が浸透しやすくなったり、ナプキンのこすれ(摩擦)で角層を傷つけやすくなり、かぶれやかゆみを引き起こすことがあります。

02_pic01

02_pic01

02_pic01@sm

3. デリケートケア こんな方法があるよ

日常的な清潔習慣を

日常的な清潔習慣を

日常的な清潔習慣を

ナプキンやおりものシートをこまめに取り換えたり、通気性の良い下着を選んだり、お風呂でやさしく丁寧に洗う習慣が大切です。
おりものシートは下着だけの状態よりも肌を清潔に保つことができるので、おりものが気になる時には使ってみるとよいでしょう。

ケア品を上手に活用

ケア品を上手に活用

ケア品を上手に活用

デリケートケアには、肌にやさしい洗浄料を選びましょう。しっかり泡立てて、こすりすぎず肌に負担なく洗いましょう。泡で出てくるタイプもおすすめです。
ふきとり用のウェットシートもありますので、外出先でも上手に活用することで、より快適にすごせます。

03_pic01

自分に合うナプキン・おりものシートの選択

自分に合うナプキン・おりものシートの選択

自分に合うナプキン・おりものシートの選択

ナプキンやおりものシートでかぶれやすい方は、肌にやさしいナプキンがおすすめです。

ナプキンを選ぶ際に大切なポイントは6つ。ムレにくい、こすれにくい、吸収力が高い、通気性がよい、やわらかい、表面さらさら

ナプキンを選ぶ際に大切なポイントは6つ。ムレにくい、こすれにくい、吸収力が高い、通気性がよい、やわらかい、表面さらさら

ナプキンを選ぶ際に大切なポイントは6つ。ムレにくい、こすれにくい、吸収力が高い、通気性がよい、やわらかい、表面さらさら

このような特徴のある商品の中から、自分の肌に合うものを探しましょう。

専門の先生に相談

専門の先生に相談

専門の先生に相談

肌トラブルや気になることがあった時には、一人で抱え込まず皮膚科医に相談を。

デリケートゾーンにはかゆみやかぶれの他にも、湿疹やカンジダ症、真菌症などの皮膚疾患が見られることがあります。症状が気になる時には、早めに皮膚科医に相談しましょう。

デリケートゾーンにはかゆみやかぶれの他にも、湿疹やカンジダ症、真菌症などの皮膚疾患が見られることがあります。症状が気になる時には、早めに皮膚科医に相談しましょう。

デリケートゾーンにはかゆみやかぶれの他にも、湿疹やカンジダ症、真菌症などの皮膚疾患が見られることがあります。症状が気になる時には、早めに皮膚科医に相談しましょう。

Page Top