Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

更年期と更年期症状

更年期とは

更年期症状

更年期症状の治療

更年期Q&A

からだの情報一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
01
更年期とは

「更年期」とは、閉経前後5年くらいのこと。年齢的には、45~55歳くらいの時期をいいます。ただし、個人差が大きく、人によってかなり違います。

更年期は思春期と同じ自然なからだの変化です

 卵巣のはたらきは、30歳ぐらいをピークに、ゆるやかに衰え始めます。そして、その機能が完全にストップしてしまうと、やがて「閉経」を迎えます。閉経の平均年齢は、約50歳といわれています。
 「更年期」とは、閉経前後の数年間の「卵巣機能が終わっていく過程」のことで、女性のからだにとっては、ごく自然な変化です。
 妊娠・出産といった生殖機能は失われますが、見方を変えれば、その負担から解放される時期が来たということになります。更年期は、からだが新しいバランスを取りながら、さらに数十年の人生を生きていくための、準備期間ともいえるのです。

更年期症状の原因はホルモンバランスが乱れること

 卵巣のはたらきが衰えると、卵巣から出る卵胞ホルモン(エストロジェン)の分泌が徐々に少なくなります。
 更年期になると、はたらきの悪くなった卵巣をなんとかはたらかせようと、卵巣をコントロールしている脳の下垂体から、性腺刺激ホルモンが大量に分泌されるようになります。こうして脳が興奮状態になると、自律神経をも刺激して失調をきたすのです。
 このようなホルモンのいちじるしい変動にともなって、さまざまなからだの変化「更年期症状」があらわれます。この症状が、日常生活に支障をきたすほど強い場合を、とくに「更年期障害」といいます。
 また、卵巣は老化すると、小さくかたくなっていきます。すると、中にまだ卵子が残っていても、排卵が起りにくくなります。月経が乱れ始めるのは、このためです。

更年期症状の発現率(複数回答)

<図1>

正しい知識を持って明るく前向きに乗り切りましょう

 更年期というと、なんとなく不安に思っている人も多いようですが、さまざまな症状に対しては、有効な治療があります。正しい知識を持って、自分のからだを上手に管理し、前向きに乗り切っていこうという気持ちが、何より大切なのです。

30代からは、基本的なことを見直して、健康的な生活を

 一般的に、更年期は45~55歳くらいですが、卵巣のはたらきは30代から徐々に衰え始めます。ですから、この頃から、少しずつからだのことを考えながら生活するのが理想的です。
 とはいっても、特別なことをする必要はありません。まずは、食事のバランスに気をつけ、特に牛乳、乳製品などのカルシウムをしっかり摂ること、睡眠・休養を十分にとる、日常的に運動をするなど、基本的な生活に気をつければよいのです。ストレスと上手につきあう方法を、自分なりに見つけることも大切です。

01020304  |

 

あなたはどっち派? ロリエ×anan

さらピュア × ハローキティ コラボデザイン

肌に、プレミアムなやさしさを。改良新発売!「ロリエ エフ しあわせ素肌」昼夜サンプルセットを20,000名様にプレゼント♪

新登場! スイートローズの香りつき ロリエ スリムガード。ほのかなローズの香りで気分やわらぐ♪ 香りつきサンプルを20,000名様にプレゼント♪

生理の日も、おしゃれに、快適に♪ ロリエ アクティブガード

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...