猫と暮らすお役立ち情報

猫の生活事典 監修山本宗伸先生(猫専門獣医師)TokyoCatSpecialists院長

猫の生活事典 監修山本宗伸先生(猫専門獣医師)TokyoCatSpecialists院長

猫の生活事典 監修山本宗伸先生(猫専門獣医師)TokyoCatSpecialists院長

猫の車酔いと電車や飛行機でのお出かけ

お出かけ好きに育てるには、慣れが肝心

帰省、引っ越し、旅行など、猫と暮らしていく中で、一緒に外出する機会が訪れるかもしれません。しかし、猫は自分のなわばりの中で過ごすことに安心感を覚える動物です。特に、完全室内飼いの猫では、そのなわばりを離れて見知らぬ場所へ外出することは、大きな不安と緊張を感じています。慣れていないとストレスが高まり、パニックを起こすこともあります。
愛猫をお出かけ好きにするためには、子猫の頃から慣らしておくことが大切です。子猫の社会化期に車などの乗り物に乗ったり、外出したりする経験をしていれば、外出への抵抗感も多少は薄れ、乗り物に酔うことも少ないようです。また、基本的にはキャリーバッグに入れて移動することになりますから、ふだんからキャリーバッグの中でおとなしくできるようにしつけておきましょう。

車に乗せるポイント

愛猫との移動手段として車はとても便利です。いざ外出というときになっていきなり車に乗せると、異常に興奮したり、車酔いしたりすることもあるので、普段から車に乗せる練習をして、慣らしておくことをおすすめします。

<車に慣らすトレーニング>
車に乗せる練習は、猫に「車は自分が安心していられる場所」と理解させることから始めます。まず、猫と一緒に車に乗ります。嫌がるのを無理に押し込むのは禁物です。車内ではやさしく声をかけながら体を撫で、落ち着いていられたら、ほめてごほうびをあげます。車内にいる時間を5分、10分と徐々に伸ばし、車内の雰囲気に慣らします。
慣れてきたら、エンジンをかけ、5分程度のドライブから始め、徐々に時間と距離を伸ばしていきます。
 
<車酔い対策>
猫は犬よりも車酔いは少ないようですが、中には、練習を積んでも、どうしても酔ってしまう猫もいます。口を開けてしきりにあくびをしたり、よだれを流したり、そわそわと落ち着きなく動いたり、心細げに鳴いたりするのが車酔いの兆候です。酔いやすい猫の場合は、車に乗る6時間くらい前には食事を済ませておきます。また、ペット用の酔い止め薬を動物病院で処方してもらうとよいでしょう。走行中は窓を少し開けて自然の風を入れて、車内の空気が流れるようにします。車に酔っているときは、愛猫も心細くなっているので、「大丈夫だよ」と声をかけてあげましょう。酔って吐いてしまっても絶対に叱らないでください。
 
<走行中の注意点>
車内で愛猫を自由にさせると、アクセルやブレーキの下に潜り込んだり、中で動き回ったりして、運転に集中できずに事故を招く恐れもあります。また、急ハンドルや急ブレーキなどで愛猫が体をぶつけることもあり危険です。車内では、基本的に猫はキャリーバッグに入れて、後部座席など安定する場所に置きます。キャリーバッグに入らなくてもおとなしくしていられる猫でも、助手席よりも後部座席のほうが安全です。また、ドアロックはしっかり閉め、窓を開けるときも猫の顔が出ない程度にして、脱走や転落防止を心がけてください。
 
<長距離ドライブの注意点>
移動が長距離になる場合は、1〜2時間おきに休憩をとり、気分転換をはかりましょう。緊張や不安を抱えている猫は、思わぬ行動をとることがありますので、キャリーバッグから出すときは、猫が逃げださないように、ドアや窓を完全に閉めておきます。休憩の際には愛猫に声をかけたり、水を飲ませたりして、様子をしっかり観察してください。また、真夏に愛猫だけを車内に残すのは、熱中症を起こす危険があるので、絶対にやめてください。

電車やバスに乗せるポイント

猫を電車やバスに乗せるとき、特に予約は必要ありませんが各社の乗車規定があります。鉄道会社やバス会社によって利用規定が異なるので、事前に問い合わせてください。

<JRの乗車規定>
※2018年4月現在
・必ずキャリーバッグなどのケースに入れること。
・長さが70cm以内で、縦・横・高さの合計が90cm程度のケースに入れたもの。
・ケースと愛猫を合わせた重量が10kg以内。

 キャリーバッグに入った猫は「手回り品」扱いになるので、改札口で普通手回り品きっぷ(料金280円)を購入し、キャリーバッグにつけます。特急に乗っても、猫の特急料金はかかりません。
 
<乗車中のマナー>
車内は不特定多数の人が利用するので、周りの乗客に迷惑をかけないことが大前提。座席では、逃走防止のためにもむやみに猫をバッグから出さないようにしましょう。キャリーバッグは座席の下に置き、タオルなどをかけて周りを見えないようにすると、猫も少し落ち着くようです。猫が新幹線の車内などで激しく鳴く場合は、デッキに移動するなどの配慮も必要です。 
 

飛行機に乗せるポイント

<国内線の場合>
国内線の場合、客室にペットを持ち込むことはできません。側で様子を見られないというデメリットはありますが、移動時間が短いというメリットもあります。基本的に事前の予約は不要で、搭乗30分前までに発券カウンターで申し込みます。猫の搭乗料金を支払った後、チェックインカウンターに預けると、持ち込みのクレート、または航空会社が貸し出すクレートに入れられ、猫は貨物室へ運ばれます。飛行中に水や食事を与えることはできません。
料金やシステムは航空会社によって異なるので、出発日が決まったら、事前に問い合わせて確認してください。


<国際線の場合>
ペットを連れて国際線に乗るときも、基本的に機内持ち込みはできず、受託手荷物として預ける方法になり、予約が必要です。枠に制限があるので、早めに予約したほうがよいでしょう。出国前に動物検疫所で狂犬病に関する12時間以内の係留検査を受けなければなりません。帰国の際にも、入国するための輸入検疫を受ける必要があります。狂犬病予防注射を受けていないと、係留期間が長くなることもあるので、猫でも海外に行く予定がある場合は、出国前にワクチンを打っておくことをおすすめします。出発先の国によって必要な手続きや係留期間が異なるので、くわしくは大使館や動物検疫所にお問い合わせください。

監修:山本宗伸先生(猫専門獣医師)

Page Top