猫と暮らすお役立ち情報

猫の生活事典 監修山本宗伸先生(猫専門獣医師)

猫の生活事典 監修山本宗伸先生(猫専門獣医師)

猫の生活事典 監修山本宗伸先生(猫専門獣医師)

猫に与えてはいけない食べ物

人には無害でも、猫には危険な食べ物もある

猫に人が食べているものをあげると、とても喜びますが、しつけや猫の健康のために与えないようにしてください。人の食べ物は、猫には塩分や脂肪分が多すぎ、長年食べ続けていると、肥満や腎臓病になるおそれがあります。また、人が食べてもなんでもないけれど、猫にとっては健康を害する危険な食べ物もあります。
 
【玉ネギや長ネギ】
玉ネギや長ネギなどのネギ類やニラには、猫の血液中の赤血球を破壊する成分が含まれており、猫がネギ類を食べると急性の貧血を起こしたり、血尿を出したりします。毒性は加熱しても破壊されません。
 
【イカ】
「猫がイカを食べると腰を抜かす」と言いますが、これは迷信ではなく、生のイカを食べるとビタミンB1欠乏症を起こし、腰がふらついて歩行困難になることがあります。また、加工されたスルメイカなども、食べ過ぎると消化不良や嘔吐の原因になります。
 
【生の豚肉】
生の豚肉には、人獣共通感染症の一つである「トキソプラズマ症」の感染源となる、トキソプラズマ(原虫)のオーシストという卵のようなものが含まれていることがあります。加熱すればオーシストは死滅します。
 
【牛乳やチーズなどの乳製品】
猫には牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が少ないので、下痢を起こすことがあります。また、子猫には猫用のミルクを与えてください。
 
【塩分の多い食品】
人と同じ食べ物は、猫にとっては塩分が強すぎ、また猫は泌尿器系の病気(腎臓病や尿路結石)が多いため塩分の取りすぎは体に悪影響を与えます。特に塩分濃度が高い食品(塩漬けた魚など)は嘔吐してしまいます。
 
【刺激の強い香辛料】
わさびやこしょうなどの香辛料は、胃を刺激して嘔吐を引き起こす可能性があります。
 
【冷蔵庫から出したばかりのもの】
冷蔵庫から出したばかりの冷たい食べ物は、お腹を冷やして下痢をしやすくするので、常温に戻してから与えてください。

監修:山本宗伸先生(猫専門獣医師)

Page Top