子猫の育て方【トイレのしつけ】

子猫の育て方【トイレのしつけ】

子猫の育て方【トイレのしつけ】

はじめての子猫との暮らし。ずっと元気で幸せに暮らしてほしいけど、何をしてあげればいいの?育て方は?という不安もたくさんあるのでは。
子猫のお迎えと同時に、快適なトイレ環境を用意してしつけをしましょう。排泄物は健康のバロメーターにもなる重要なポイント!子猫の気持ちを理解して、快適な暮らしをスタートさせてあげましょう。

photo_yamamoto

【監修】山本 宗伸 先生
猫専門病院 Tokyo Cat Specialists 院長

都内猫専門病院で副院長を務めた後、ニューヨーク猫専門病院 Manhattan Cat Specialistsで研修を積む。国際猫学会ISFM所属。著書に「猫のギモン!ネコペディア」。


子猫のトイレのしつけ方


トイレを覚えるのは意外と簡単です。トイレサインを逃さず、しつけをしましょう。
また、トイレをいつでも清潔・快適に保つことも重要です。

STEP1

落ち着ける場所にトイレを置く

自分の排泄物のニオイがついたもの(砂、布、新聞紙など)を新しいトイレに入れてあげると覚えやすくなります。

子猫のトイレは落ち着ける場所に置く

STEP2

ソワソワしていたら連れて行く

子猫が落ち着かない様子を見せたら砂の上に乗せてあげましょう。特に、寝起き、食後、飲食後、遊んだ後はサインに注意!

ソワソワしていたら子猫をトイレに連れて行く

STEP3

上手にできたらほめてあげる

排泄し終わったら、思い切りほめてあげましょう。これを何回もくり返すことで、スムーズにしつけることができます。

子猫が上手にトイレできたらほめてあげる

NG

トイレの失敗は
絶対にしからないで

子猫が粗相をしてしまうのは、トイレを使いたくない理由があるからかもしれません。決してしからないで!ネコちゃんは排泄行為そのものに対してしかられたと理解し、排泄をガマンしてしまう可能性も。しつけを考える前にトイレ環境に問題がないか、確認しましょう。

子猫の粗相(トイレの失敗)


子猫のトイレの
選び方・環境づくり



獣医師アドバイス


健康チェックの観点で、子猫のトイレ選びについて、獣医師にご意見を伺いました。

元苅谷動物病院 統括院長 内田恵子先生

猫専門病院Tokyo Cat Specialists 院長
山本宗伸先生

子猫のうちからオシッコチェックの習慣を

猫にとって尿の状態は、健康のバロメーターです。子猫のころからオシッコチェックの習慣をつけておくと、体調の変化に気づきやすくなります。日々のチェックがしやすいトイレを選ぶという点もポイントです。

山本先生の愛猫たちのオシッコチェックの様子

山本先生の愛猫たちのオシッコチェックの様子

システムトイレであれば健康チェックもしやすい

例えば、システムトイレ(2層式の猫トイレ)であれば、シートを外しておけばオシッコを溜めることができるので、ご家庭でも簡単にオシッコのチェックができます。
飼い主さんは、定期的に観察してあげてください。

液体で確認できれば、色や量なども把握しやすい。

液体で確認できれば、色や量なども把握しやすい。

子猫が使いやすく、
オシッコ
チェックが
しやすいトイレとは?

↓

愛しい子猫へ、
やさしい工夫がたっぷり。
子ねこ用トイレ

ニャンとも清潔トイレ子ねこ用コンパクトタイプ

ロングセラーの「ニャンとも清潔トイレ」の「子ねこ用」。子猫の使いやすさ・安全性を配慮した設計になっています。

入口が低くて出入りしやすい

入口が低くて出入りしやすい

小さめのチップでかきやすい

小さめのチップで砂かきしやすい

ケージの中にも入れられる

ケージの中にも入れられる

子猫の成長に合わせて、トイレケアも適切に。

スクスク成長する子猫。適切な時期に適切なケアをして健康な愛猫に育てましょう。子猫のうちから定期的に動物病院で健康チェックを受けることも大切です。

子猫の成長に合わせた、トイレケア。

※子猫の成長は飼われている環境や品種などによって個体差があります。
※猫の病気や健康診断について気軽に相談できるホームドクターをつくっておくと安心です。

オシッコチェックは、子猫のうちから習慣づけを。

普段からオシッコの状態を知ることで、少しの変化にも気づきやすくなります。ずっと健康に過ごせるように、子猫のうちから“オシッコチェック”を習慣づけましょう。

ニャンとも清潔トイレは白色シートでオシッコの色が分かりやすく、シートを敷かずに使用すればオシッコを溜められ、オシッコチェックにも適しています。

※ニャンとも清潔トイレは、チップ(砂)を通過しても、尿の成分に影響を与えません。

03_koneko_07


\ 飼い主・プロも高評価!/
子猫のための「子ねこ用トイレ」


猫オーナー、獣医師、キャットブリーダー

「ニャンとも清潔トイレ 子ねこ用」をお試しいただいた方々に、使用感をお聞きしました。猫オーナーの皆さんやキャットブリーダーからも「オススメ」の高評価をいただきました。

猫オーナーの声


「子猫が使いやすい」「すぐに慣れた」と好評価!

モニター品を試した猫オーナーの8割が「良い」「やや良い」と回答。脱臭効果については、9割の方が実感。たくさんのうれしいお声をいただきましたので、その一部をご紹介します。

子猫が「子ねこ用コンパクトタイプ」を使用しているシーン

「子ねこ用コンパクトタイプ」のトイレを使ってみて、良い・やや良いが80%。脱臭効果は良い・やや良いが90%

※2012年花王調べ n=1,710

脱臭効果は抜群でした。またチップをかき回してもほこり立ちが気にならず、チップの交換の手間もかからず、扱いが必要簡単でした。

子猫には、成猫用トイレはいかにも大きいですが、これだとちょうどよいサイズです。ケージに入れても余裕がありますし、部屋の隅においても目立ちません。

チップが飛び散らなくて本当に楽です。猫にも、飼い主にも優しく、手間がかからないトイレです。

ホントににおわずビックリです。他の猫たち用にも大きいのを買おうと思います。

キャットブリーダーの声


新しい飼い主さんへ、子猫と一緒に「子ねこ用トイレ」を渡してあげたいです。

キャットブリーダー (CFA JAPAN 元ディレクター) 小泉かよ子さん

キャットブリーダー
(CFA JAPAN ディレクター)
小泉 かよ子さん

猫のプロ、キャットブリーダーの小泉さんから、「子ねこ用」の使い勝手の良さについてお伺いしました。

入口の高さが、子猫にばっちり

子猫がトイレを覚えてくれても、入口が高くて入りにくければ失敗の原因に。でも「子ねこ用トイレ」なら、高さがばっちり。成長して砂の飛び散りが気になるようなら、トレーを逆向きにセットして使うこともできるので、とても便利ですね。

トイレを覚え始める生後4週齢頃の子猫から、難なく使える。

トイレを覚え始める生後4週齢頃から、難なく使える。
※小さめの粒での使用イメージです。

「角の丸み」「天然素材のチップ」が子猫に安心。

トレーには、角が尖った部分がなく、子猫に配慮されていることがわかります。また子猫は、何でも口に入れてしまうため猫砂を誤食する危険性がありますが、「ニャンとも」は天然素材のチップなので、安心できますね。

ケージ用にも、携帯用にも使える最適なサイズ。

ケージに入れておきたいときや、猫との外出時、万が一避難が必要なときでも、この「子ねこ用トイレ」があれば、いつもと同じトイレ環境で安心して排泄をさせてあげることができます。成猫になってからも活用できると思います。

\やさしい工夫がたっぷり/

Page Top