Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

生活全般

引越しに連れて行くべき?

3歳のメス猫を飼っています。近いうちに引越しをする予定なのですが、一緒に連れて行くか迷っています。拾ってきたのが私だからでしょうか、他の家族よりもなついており、3泊4日以上の留守で、円形の脱毛がみられたことが2度ほどありました。しかし、現在は実家の一戸建てで、自由に外出できる状態なので、引越し先がペット可のマンションになってしまうと大きく生活環境が変わります。猫にとっては、飼い主と別れることよりも、環境が変わり不自由になることの方がストレスが大きいのでしょうか?(花さん)

まずは新居で様子を観察

 「猫は人よりも家につく」と昔は言ったそうですが、人をとるか、家をとるかは、実際には猫によって異なると思います。
 ご相談の状況から、おすすめしたい方法としては「一度花さんと引越し先のマンションで暮らしてみて、ストレスが大きければご実家に戻す」ことです。
 文面から、愛猫が自由に外出できるかどうかを重視していらっしゃるようですが、猫の安全や健康を考えると、完全室内飼育に越したことはないのです。ご実家で飼育されるにしても、完全室内飼育をおすすめしたいくらいです。猫が自由に外出することに伴う危険は、交通事故などの他に、猫同士の接触で感染する猫エイズと猫白血病という病気があります(この病気の詳細については過去のご相談『白血病とエイズに感染』など、過去にいくつか取り上げられていますので、そちらをご覧下さい)。
 ですから、花さんといっしょにマンションに引っ越すことは、愛猫にとって、完全室内飼育と、大好きな花さんと一緒に暮らせること、2つのハッピーがあると言えます。
 ただ、一度外に出ることを覚えた猫を完全室内飼育に移行させることは難しく、根気がいるかもしれません。子供を産ませる予定がなければ避妊手術を行うことをおすすめします。発情期に伴うストレスが軽減し、室内で暮らしやすくなるでしょう。また、室内にご実家のにおいがついた布類や家具を多く置いてあげることで愛猫は安心し、早く慣れてくれるかもしれません。
 こういった工夫をしてもなお、外に出たいあまりに暴れたり、ひどく鳴いてしまったりすると、愛猫と飼主両者にとって大きな負担になりますから、花さんの不在に慣れてくれることを祈ってご実家で飼育してもらうより他にないと思います。

(回答:苅谷動物病院 市川橋病院 溝口期子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group