Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

生活全般

子猫期の遊び方と性格

2カ月のチンチラ(メス)です。この前、動物病院の看護婦さんに、おっとりとした猫に育てるためには、今の時期に猫じゃらしのようなもので遊んではいけないと言われました。それを聞くまでは、子猫がものを追いかける姿がかわいらしくて、猫じゃらしでかなり遊びました。実際のところ、どうなのでしょうか。わが家は夫婦共働きで、家をあけることが多いです。さみしい思いをさせていることもありますから、一緒にいるときは遊んであげた方がいいのでしょうか。また、このサイトには「子猫とたくさん遊んだ方がいい」「猫の本能を刺激するような遊びがいい」と書いてありました。そのように育てていって、大人になったときに性格の荒い猫になったりしないでしょうか。(宮崎県宮崎市 うららさん)

猫にとって、遊びとは?

 ペットが満足する遊びを提供することは、しつけや健康管理と同じくらい、大切なことです。野生の子猫は、母猫や兄弟猫とのじゃれ合いや遊びを通して、生後2~7週齢の間に、相手との力関係やかむときの力加減などを自然に学習します。しかし、こうした学習をする前に、人間にもらわれてきた場合には、飼い主が代わりに遊んで教えてあげなければなりません。また、猫は遊びを通して、社会性を身につけるだけでなく、運動能力を高めたり、本来、狩猟に使われるエネルギーを発散したりしています。

人が攻撃対象にならないように注意。

 うららさんがご心配されているように、子猫期に狩猟本能を刺激する激しい遊びを過度に行うと、攻撃性の強い猫に育ってしまう可能性は確かにあります。ですから、あまりに興奮させ、攻撃性を刺激するのは控えた方がいいでしょう。
 しかし、遊びで、猫本来の狩猟本能を満たしてあげないと、ありあまったエネルギーを発散するために、家族や来客の足を狙って飛びかかってくるといった攻撃行動に出ることがあります。(こうした傾向は、室内飼いに多いようです。)
 ですから、ボールや猫じゃらしなどの動くおもちゃで遊ばせながら、狩猟本能を満たしてあげるというのは必要なことです。ただし、このとき気をつけなければならないのは、狩猟の対象を人間にさせないということ、そして、必要以上に興奮させすぎないことです。
 人がおもちゃを動かすときは、猫が人から離れる方向に動かしてください。若い猫の場合は、自動で動くおもちゃを使ったり、遊び相手として、猫をもう1匹飼ったりするのもいいでしょう。猫が興奮しすぎないように注意しながら、楽しく遊んであげてください。

攻撃する傾向があるときは

 以上の点に注意していても、もし、愛猫に家族や来客を攻撃するような傾向が見られたら、猫が噛みそうな部位(手や足)にガムテープを粘着面を上にして貼っておいてください。猫は、ガムテープのくっつく感触が嫌いなので、噛みつきを防ぐことができます。
 このように、猫が攻撃行動に出ようとした瞬間に、猫が嫌がることを繰り返し行うと、猫は「人を攻撃する=嫌な気持ちになる」と覚え、人に対して攻撃しなくなるでしょう。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院 獣医助手 大石 節子さん)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group