Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

その他 健康管理

尿の色が濃い

6歳の雑種(オス猫)です。急にオシッコの色が濃くなったのですが、本などには「色が薄いと病気の可能性がある」と書かれていたりはするのですが、色が濃いことに関しては書いてないのです。色みはカボチャの煮物のような、茶色に近い濃い黄色です。(ぽんこさん)

1日も早く、かかりつけの病院で診察を

 自宅でわかる尿の変化には、尿色、尿臭、尿量、濁りがあります。尿色には赤色尿、茶褐色尿、緑色尿、薄く尿臭がしない尿、混濁した尿があります。赤色尿には血尿、血色素尿、茶褐色ならビリルビン尿症、緑色ならばミオグロビン尿症、混濁してると多量の脂肪滴、結晶、膀胱炎、多量で薄い尿では飲水量が増している可能性があります。
 カボチャの煮物のような茶色の場合、ビリルビン尿、あるいは重度の膀胱炎で、尿が膿のようになっている可能性が高いでしょう。猫では尿にビリルビンが出ていれば、肝疾患か溶血性貧血が疑われます。
 眼の白目を見てください。黄疸、もしくは可視粘膜色が白く、貧血が出ているかもしれません。考えられる病気には胆管肝炎、胆道系の閉塞、溶血性貧血、細菌性膀胱炎などがあります。手遅れにならないうちに、1日も早く、かかりつけの病院で診察を受けてください。まず、尿検査、血液検査、腹部レントゲン検査、腹部エコー検査、状況により肝生検が必要となります。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院院長 内田恵子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group