Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

病気

野良猫の病気

近くの公園にいる猫のことです。たぶん野良猫で、誰かがえさをあげているので、人間には慣れています。1週間ほど前に、そこの公園に行ったとき、猫が鼻水を出していたのです。次の日には、涙も流しており、とても心配になりました。わが家にも猫が1匹おりますので、連れて帰ることもできず、気軽に触ることもできませんでした。もし間接的に病気がうつったら・・・、そんなことを考えたら、病院に連れていくことさえ、迷ってしまうのです。完全に今の病気が治るのなら、わが家に引き取りたいと思っています。この野良猫の病気のことを教えてください。(大阪府大阪市 ふくちゃん)

伝染性呼吸器疾患の恐れが!

 公園の猫は、鼻水と涙が出ていたとのことですので、おそらく猫の「伝染性呼吸器疾患」だと思われます。伝染性呼吸器疾患には、ヘルペスウィルスが原因の「猫ウイルス性鼻気管炎」と、カリシウィルスが原因の「カリシウィルス感染症」があり、この2種類を合わせて、「猫呼吸器症候群」と呼ばれています。合併症として、ひどいくしゃみ、せき、鼻炎など、風邪のような症状があらわれるので、「猫風邪」「猫インフルエンザ」とも呼ばれています。
 これらの病気は、人間の風邪と同様に、くしゃみなどの飛沫や唾液などから感染します。これにかかると、鼻がつまって、においがわからなくなるため、食事がとれなくなってしまいます。口内炎も症状として現れやすく、ときには急性の肺炎を起こして死亡することもあります。治療すれば死亡率は高くありませんが、慢性化しやすい病気です。
 ご相談では、感染を心配されているようですが、人間に感染することはありません。ただ、人間を媒介にして、他の猫に感染する恐れはあります。ふくちゃんさんの愛猫は、ワクチンを接種されていますか。ワクチンを接種されていれば、感染しても症状は軽くすみますので、まだ接種されていないときは、早めに接種した方がよいでしょう。
 もし、野良猫を触ったり、拾ったりして、先住猫への病気の感染が心配な場合は、症状が出る前に病原体ウイルスの増殖を抑制する「猫用インターフェロン」を使用することができます。ワクチン接種がまだで、ご心配ならば、かかりつけの先生に相談してみてください。また、ふくちゃんさんは、この野良猫に触ったときは、帰宅後、すぐに洋服を着替え、薬用のハンドソープや消毒剤で、手を殺菌するようにしてください。
 野良猫の場合は、他の病気を持っている可能性もあります。呼吸器疾患の治療の際に、「猫エイズ」と「猫白血病」のウィルス検査もしておくと安心ですね。

先住猫と引き合わせるときは?

 では、野良猫の治療が終了して、家に連れて帰る際の注意点をいくつかあげておきます。まず、猫同士をいきなり会わせないようにしましょう。猫は、環境が変わったり、新しいものが縄ばりに入ったりすることに、とても敏感な動物です。他の動物に対する許容度には個体差がありますが、初対面ですぐになじむことはまず少ないと思います。最初は別々の部屋で生活させ、お互いに存在を感じさせるようにします。何日間かその環境におくことによって、新入りの猫のにおいが環境の中に加わり、また、それと同時に、今まであった空間内のにおいが新入りの猫につき、次第にお互いを受け入れやすくなるでしょう。
 慣れてきたら、壁や扉ごしに食事をさせるようにします。何日かかけて、徐々にお互いが見えるようにしていきます。少しでも怒るようであれば、無理に引き合わせない方がよいでしょう。この時、新入りの猫に、他の動物に対する許容度を増すフェロモンのスプレーをつけてやると、なじむのが早くなる効果があるそうです。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院 院長 内田 恵子先生、獣医助手 大石 節子さん)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group