Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

爪とぎ・爪切り

爪がすぐにはがれる

6カ月のアメリカンショートヘア(オス)です。夏にカーペットをとって、フローリングにしたのですが、最近、爪がはがれたようなものが、床にたくさん落ちています。また、爪を切っても切っても、すぐに尖ってしまいます。たまに血が出ているような気もします(爪きり時ではなく)。ちなみに、うちの猫は爪とぎをしません。市販のダンボール製や布製の爪とぎを与えてみたり、またたびをかけてみたり、いろいろ試しているのですが、効果が全然ないようです。ジーパンをはいていると、近寄ってきて、といだりはしますけど。うまく教える方法はありますか。(群馬県桐生市 くみさん)

爪とぎを教えるには

 爪とぎは、どんな猫でも行う正常な行動で、これには2つの目的があります。一つは、爪の古くなった層を取り除いて鋭くすること、もう一つはマーキングです。猫は、自分の縄張りを示すために、目立つものや場所を引っかいて、目に見える形で印をつけます。また、それと同時に、フットパッドから出る分泌物をこすりつけることで、自分のにおいをつけて、縄張りを主張しているのです。このにおいは、縄張りの持ち主である猫に、安心感を与えます。
 ご質問には、爪とぎをしないとありましたが、爪を切ってもすぐ尖ってしまうとのことですので、人の気がつかないところで、爪をといでいるのではないでしょうか。今まで与えていた爪とぎを使わなかったのは、猫が爪とぎを気に入らなかったか、他にお気に入りのものがあるのかもしれません。
 爪とぎは安定性があり、猫が身体をいっぱいに伸ばして引っかくのに十分な高さのものが必要です。素材は、縦目の木製のものや縄、カーペットのような丈夫な布地などが好まれるようです。こうした猫が好きそうな爪とぎを、家の中の目立つ場所に、垂直にしっかりと取りつけてあげましょう。
 猫は、目を覚ましたすぐ後に、爪をとぐことが多いので、寝場所の近くの目立つ場所に置いたり、爪とぎに前肢をやさしくこすりつけて、においをつけたりしてあげるとよいでしょう。また、好きなおもちゃを爪とぎの上に乗せたり、お気に入りのジーンズの生地を爪とぎに取りつけてやるのも、爪とぎを促すのに効果があると思います。一度試してみてください。
 なお、通常は、爪を過度に損傷しないと、爪から出血することはありません。損傷していないのに、出血しているのなら、血液凝固異常も考慮しなければなりません。病院で診察をお受けください。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院 獣医助手 大石 節子さん)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group