Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

愛猫と暮らす生活事典

 

問題行動

異物を食べる

毛糸やタオルを食べる

 犬では自分のウンチを食べてしまう「食糞」という行動がよく見られます。猫の場合、さすがにあの強烈なニオイのウンチを食べるケースはあまりありませんが、タオルやセーターなどをチュパチュパ吸ったり食べたりする、「ウールサッキング」と呼ばれる異常行動は、猫でよく見られます。
 繊維製品などに吸いつくのは、「お乳を吸う」衝動を満たすための行動とも言われ、離乳の時期が早すぎた猫に多く見られると言われています。特に母親のお腹を思い起こさせるウールなどを好んでしゃぶりますが、しゃぶっているうちにエスカレートして食べるようになってしまいます。子猫のうちに始まり、1年以上継続することもありますが、3~4歳になるころには自然に治まることも多いようです。しかし中には、一生やめない猫もいます。
 ウールサッキングは、シャムやバーミーズで特に多く見られるという報告もあります。繊維製品のほかに、ビニール、プラスチック、猫砂などを食べる猫もいます。原因は、退屈や不安を紛らわすためとか、足りない栄養を補給するためなどとも言われていますが、はっきりと解明されていません。

毛糸や布製品は猫から遠ざける

 食べてしまった糸くずや布きれは、通常、ウンチと一緒に排泄されたり、吐き戻したりしますが、便秘や消化不良の原因になったり、腸の閉塞などを起こしたりする危険もあるので、注意が必要です。
 ウールサッキングをやめさせるためには、部屋は整理整頓し、食べる可能性のある繊維製品は猫に届かないところに片づけてしまうのが、最良の方法です。また、タバスコや苦みのあるスプレーなど、猫が嫌がるニオイをつけるのも一案です。また、退屈や暇つぶしで行うこともあるので、猫との遊ぶ時間も増やしてみてください。

このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group