Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

愛猫と暮らす生活事典

 

初めて猫と暮らす

子猫の社会化期

猫が快適に暮らしていくために、大切な社会化

 猫の性格は、持って生まれた天性の性質と、生後3~7週の「社会化期」と呼ばれる時期にどのように過ごしたかで決まります。
 この時期は、本来ならば、母親やきょうだいと一緒に過ごし、多くの刺激や経験から、猫同士だけでなく、犬などの他の動物や人、周囲の環境など、さまざまなものに対する適応能力を身につける大切な時期です。社会化期にいろいろな経験をすることなく、人(飼い主)とばかり過ごしていると、極端に臆病になったり、人見知りが激しく、攻撃的になったりします。社会化期に経験が乏しく、ずっとひとりで育ってきた猫では、もし将来的にもう1頭猫を迎えようとしても、仲良くさせるのは難しいかもしれません。
 しっかりと社会化された社交的な猫に育てるには、子猫の頃の豊富な経験がなによりも大切です。家族以外の人に家に来てもらったり、きちんとワクチン接種を受けている知り合いの愛猫と飼い主などを自宅に招いて接する機会を設けたりするとよいでしょう。

このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group