猫の泌尿器ケア研究会

泌尿器の病気
猫の腎臓の腫瘍

猫トイレイメージ

腎臓の腫瘍とは

猫では腎臓の腫瘍はあまり多くはありませんが、発症した場合、そのほとんどが悪性リンパ腫という血液のがんです。そのほか、腎腺がんや腎芽腫などがあります。

猫の腎臓腫瘍

丸く突出した部分が腎臓腫瘍

猫の腎臓腫瘍のため、正常なソラマメ型の腎臓の形が変形している。

点線で囲まれた部分にみられるように、腎臓内に腫瘍が発生しているため正常なソラマメ型の腎臓の形が変形している。

写真提供/麻布大学付属動物病院 渡邉俊文先生

腎臓の腫瘍の原因

腎臓の悪性リンパ腫のほとんどは、猫白血病ウイルスに感染したことが原因で起こります。両方の腎臓にできることもあり、お腹を触ったときに腎臓が大きくなっていることで気づくことがよくあります。このときには、すでに胃や腸にも腫瘍が転移している場合も多いようです。

腎臓の腫瘍になりやすい猫

猫白血病ウイルスに感染した猫は注意が必要です。

腎臓の腫瘍の症状

食欲が落ちる、元気がなくなる、大量に水を飲んでオシッコの量も増えるなどの症状が見られます。胃や腸にも腫瘍ができていると、下痢や嘔吐などが現れることもあります。

腎臓の腫瘍の治療

抗がん剤などを使った化学療法や、放射線治療などを行います。完治は難しく、生活の質を維持してよい状態を少しでも長く保つことが治療の目的になります。

腎臓の腫瘍の予防

原因となる猫白血病ウイルス感染症はワクチンで予防できる病気なので、定期的なワクチン接種を受けるようにしましょう。

猫のオシッコチェックダイアリー記入例。月に1度の新習慣。愛猫の健康管理はオシッコで!

ダイアリーに記録し、日頃からオシッコの状態をチェックしましょう。

Page Top