猫の健康レポート Vol.3
尿石症・膀胱炎の実態

尿石症・膀胱炎は、
約半数が3歳までに発症、
46%が再発。
慢性化させないためにも、
子猫のときから「オシッコチェック習慣」

猫のトイレの採尿の様子

猫のトイレの採尿の様子

猫のトイレの採尿の様子

「猫の泌尿器ケア研究会」では、猫オーナーにアンケートを実施しました。猫によく見られる泌尿器系の病気の中でもとりわけ多い「尿石症・膀胱炎」について、その実態を探りました。

【調査概要】
実施期間:2012年7月/調査方法:インターネット/対象者:猫飼育者3,207名/対象地域:全国

尿石症・膀胱炎の発症率

約5頭に1頭が、「尿石症」「膀胱炎」を経験

「尿石症」と「膀胱炎」は併発することも多く、これらの病気になったことのある猫は、全体の22%。なんと5頭に1頭以上が経験していました。猫にたいへん多い病気であることを、裏付ける結果になっています。

これまでに尿石症または膀胱炎になったことがありますか?アンケート

尿石症・膀胱炎の発症時期

約半数が、1~3歳のときに発症

発症の年齢について尋ねたところ、「1~3歳」が48%と、約半数がごく若い時期でした。
尿石症や膀胱炎は、毎日の食事内容や生活習慣、猫自身の体質などが深く関わり、年齢と関係なく発症します。若いからと、油断はできません。泌尿器系の病気でも、高齢になるほどかかりやすくなる慢性腎不全との大きな違いといえます。

尿石症または膀胱炎に初めてなったのは何歳のときですか?アンケート

尿石症・膀胱炎の再発率

「尿石症」や「膀胱炎」を再発した猫は、46%

尿石症、膀胱炎、もしくはその両方を再発したケースは、併せて46%。約半数という高い「再発率」になっています。
尿石症には、食事で予防しやすいストルバイト尿石以外に、食事でのコントロールが難しく、またいったんできると手術でしか取り除けない厄介なシュウ酸カルシウム尿石などもあります。
予防のためには、若いうちから、自宅での尿チェックはもちろん、動物病院での定期的な尿検査を習慣にしたいものです。一度かかったことのある猫は、なおさら注意が必要です。

尿石症または膀胱炎を再発したことがありますか?アンケート

\ 獣医師に聞きました /
子猫からのチェック習慣が大切です

千葉県獣医師 JAHA内科認定医 JAHAこいぬこねこアドバイザー

千葉県獣医師

JAHA内科認定医

JAHAこいぬこねこアドバイザー

内田 恵子先生

若くても発症しやすい病気

子猫のころから泌尿器の病気を心配する飼い主さんは少ないと思いますが、特発性膀胱炎や尿石症など、実際には若齢から気をつけるべき病気もあります。子猫を迎えたときから、清潔なトイレ環境を整えストレスを少なくし、泌尿器疾患に注意しましょう。

“いつも”のオシッコの状態を知って

病気になってからではなく、普段からオシッコの状態をチェックし、比較することで、病気の予防ができたり、何よりも病気の早期発見につながります。変化に気付けるのは飼い主さんだけなのです。

子猫から習慣づけを

子猫のころから、オシッコチェックや自宅での採尿の習慣をつけておくと、必要なタイミングで採尿し、病院へ持参できるので、より新鮮なオシッコで検査しやすくなります。
ずっと健康に過ごせるように、子猫のときから”オシッコチェック習慣”をお勧めします。

子猫のときからトイレ環境を清潔に保ち、
尿チェックの習慣をつけることが、泌尿器の健康管理に役立ちます。

  • 「おしっこチェックでSAVECATS 猫の命を守るプロジェクト」あなたも猫ちゃんの命を守る活動に参加しませんか?

    「おしっこチェックでSAVECATS 猫の命を守るプロジェクト」あなたも猫ちゃんの命を守る活動に参加しませんか?

    「おしっこチェックでSAVECATS 猫の命を守るプロジェクト」あなたも猫ちゃんの命を守る活動に参加しませんか?

※外部サイトに移動します。

Page Top