猫の泌尿器の病気
猫の急性腎不全

猫イメージ

急性腎不全とは

腎臓の機能が突然、正常に働かなくなって低下します。進行がとても早く、数日単位で急速に腎臓機能が低下するので、症状も突然現れます。
 

急性腎不全の原因

腎臓そのものに異常がある場合と、別の病気が原因で起こる場合があります。脱水や心不全などによって腎臓に送り込まれる血液の循環に問題が起こったときや、感染症やリンパ腫などによって腎臓の組織がダメージを受けたとき、尿道閉塞によってオシッコが排泄できなくなったときなどに起こります。
 

急性腎不全になりやすい猫

心筋症など心臓の病気のある猫や、尿石症にかかっている猫では注意が必要です。
 

急性腎不全の症状

初期では、食欲と元気がなくなって水を飲む量が減り、オシッコの量が減ったりまったく出なくなったりします。病状が進行すると、脱水症状、嘔吐、体温の低下、けいれんなどの症状が起こり、口からアンモニアのニオイがするなど、尿毒症の症状が現れます。
 

急性腎不全の治療

腎不全の原因になっている病気を突き止めてその治療を行います。症状は急速に進行するので命に関わる危険性が高い病気ですが、慢性腎臓病(腎不全)と違って初期の段階で治療を行えば早期で回復も見込めます。
 

急性腎不全の予防

感染症やそれによる悪性リンパ腫などが原因の一つなので、ワクチンを接種して予防できるものはしっかり予防します。尿路結石症にかからないよう、適切な食事管理や生活習慣の改善も心がけましょう。

食事(フード)を食べる猫

適切な食事管理をして、尿石症を予防。

猫のオシッコチェックダイアリー記入例。月に1度の新習慣。愛猫の健康管理はオシッコで!

ダイアリーに記録し、日頃からオシッコの状態をチェックしましょう。

Page Top