猫の泌尿器の病気
猫の尿毒症

猫イメージ

尿毒症とは

腎臓の機能が著しく低下して、通常はオシッコと一緒に体の外に排泄される有害物質(窒素化合物)が体内にたまっている状態です。一刻も早く治療を行わないと死に至る、とても危険な症状です。
 

尿毒症の原因

慢性腎臓病(腎不全)腎炎尿路結石症などの病気の進行や、尿道閉塞などによって、腎臓が正常に働かなくなることで有害な窒素化合物を体外に排泄することができなくなります。腸内の窒素化合物も増えて腸から吸収されるため、さらに症状が悪化します。
 

尿毒症になりやすい猫

慢性腎臓病(腎不全)腎炎尿路結石症にかかっている猫は要注意です。
 

尿毒症の症状

食欲がまったくなくなって、激しい嘔吐を繰り返したり、下痢になったりして、口からアンモニアのニオイがすることもあります。すぐに治療を行わないと、脱水症状が起こって体温も低下し、けいれんを起こすこともあります。さらに症状が進むと、昏睡状態に陥って短時間で命を落とします。
 

尿毒症の治療

治療は一刻をあらそいます。点滴で体に大量の水分を補給して大量のオシッコを作らせ、体にたまった有害物質を排出させます。病院によっては、輸血や血液透析を行う場合もあります。尿道閉塞を起こしている場合は、尿道に詰まっているものを取り除いてから処置します。すみやかに治療が行われれば、危険な状態を脱して症状をやわらげることができます。
 

尿毒症の予防

慢性腎臓病(腎不全)腎炎尿路結石症にかかっている猫は、排泄の様子や健康状態を毎日しっかり観察し、少しでも異変を感じたらすみやかに動物病院で診察を受けましょう。
 

猫のオシッコチェックダイアリー記入例。月に1度の新習慣。愛猫の健康管理はオシッコで!

ダイアリーに記録し、日頃からオシッコの状態をチェックしましょう。

Page Top