• サンプル応募

赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

うんちの気がかり

うんちが緑色でも本当に大丈夫?

最近うんちが緑っぽく下痢気味です。小児科では「嘔吐がないので感染症ではないでしょう」とのことで整腸剤を出されましたが、症状が変わりません。別の病院にも行きましたが同じです。薬は飲ませていますが、やはり緑っぽく下痢気味です。先生は「心配ない」と言われましたが心配です。(くわみ 4カ月)

緑色のうんちは大丈夫だと聞いたのですが、ここ最近、毎日のように緑色のうんちが続きます。たまにそのなかで1日ぐらい黄色のうんちの日もあるんですが気になります。(もみじ 5カ月)

淡い黄色のうんちから緑色のうんちに変わると、ギョッとしてしまうお母さんが多いようですね。赤ちゃんの場合、健康なうんちの色にもバリエーションがあり、緑色(うぐいす色=灰緑色)もそのひとつです。
うんちを黄色っぽくする色のもとは、肝臓から出る胆汁色素のビリルビンですが、うんちがお腹の中に長くとどまっていたりガスが多いと、酸化されて緑色になります。また、腸内のビフィズス菌、乳酸菌、大腸菌など腸内細菌の変化や、腸内のpH(ペーハー=酸性度)の違いによって、うんちが緑色になることもあります。母乳の赤ちゃんにもミルクの赤ちゃんにもよく見られることです。

くわみさんの場合、緑便に加えて下痢気味とのことで心配しておいでですが、多少便がゆるくても、母乳やミルクの飲みがふだんと変わらず、あやせば笑うなど機嫌がよければ病気の心配はありません。実際の赤ちゃんの様子も診てもらっているわけですし、整腸剤も処方されているのですから、「心配ない」という医師の言葉を信じてください。もみじさんのケースも、正常な範囲内での便の変化です。

おふたりとも、これから離乳食が始まっていろいろな物を食べさせるようになると、うんちの色や性状も変わってくるはずです。そのときいちばん気にすべきなのは、赤ちゃんの全身状態です。うんちがいつもと違ったときは、食欲はどうか、機嫌はどうかといったことも併せてチェックしてください。いつも通りに過ごしていれば、うんちの色が多少変わったくらいで心配することはありません。

ただし、トマトをつぶしたような赤いうんちや、タール状の黒いうんちが出たときは、腸からの出血が疑われるので要注意です。そうした場合は、赤ちゃんも不機嫌になるはずです。また、新生児期に真っ白な便が出た場合は胆道閉鎖や胆道狭窄が疑われますし、それ以降の時期でも激しい下痢を伴う白い水様便が出た場合はウイルス性の感染症が疑われます。緑便で病気が疑われることはほとんどありませんが、赤・黒・白の便は緊急を要するので覚えておきましょう。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top