Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

月経前のスキンケア・アドバイス

からだのリズムに合わせたスキンケアを

トラブル克服のための3ステップ

分野別テーマ 一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
01
からだのリズムに合わせたスキンケアを

肌のトラブルは月経前に多い?

 肌のトラブルは、体質や個人差にもよりますが、肌を清潔にしていなかったり、不規則な生活、栄養のかたより、ストレス、乾燥など、さまざまな原因によって起こります。また、月経前症状(PMS)のひとつとして、にきび、肌あれ、かゆみ、じんましんなどのトラブルがあらわれることがあります。
PMSにもっとも深い関係があるといわれるのが、女性ホルモンの影響です。女性のからだには、女性ホルモンによる変化のリズムがあります。グラフを見るとわかるように、月経前にあたる「黄体期」は、黄体ホルモン(プロジェステロン)という女性ホルモンの分泌量が急激に増加する時期。PMSは、このホルモンにからだが微妙に反応することによって起こると考えられています。

黄体ホルモンによって変わる肌

 黄体ホルモンには、からだに水分をためる、体温を上げる、食欲増進などのはたらきがあり、皮脂腺のはたらきを活発にします。そのため、肌があぶらっぽくなったり、毛穴に汚れが詰まりやすくなったりします。いつもと同じお手入れをしていても、にきびができるのでユーウツ…という人も多いのでは? また、黄体ホルモンには色素沈着作用もあるので、シミやソバカスが目立つようになる人もいます。

ゆとりを持って、心の準備を

 月経前の肌の変化は、からだが正しいリズムを刻んでいる証拠。あまり悩まずに、できるだけ症状を軽くできるようにしておきたいですね。
 そのために、おすすめなのが、基礎体温をつけること。自分の黄体期をチェックして、肌の状態を知っていれば、対策もしやすくなります。

0102  |

 
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...