Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

もっと私たちのからだを知ろう!(2)月経のしくみ

それは、緻密なからだの連係プレー

完全ガイド 月経のメカニズム

個人差や変化があることも理解して

分野別テーマ 一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
01
それは、緻密なからだの連係プレー

●脳と卵巣と子宮がつくる女性のリズム

 「月経は、どのようなしくみで起こるのでしょう?」 -----改めて聞かれると、なかなか答えられない人が多いかもしれません。
 月経に関わる主な器官は、「脳」と「卵巣」と「子宮」の3つ。これらが「ホルモン」によって情報伝達しながら、複雑に連係して機能しています。
 一連のメカニズムのコントロールタワーは、脳の「視床下部」というところ。この司令を受けて実際に行動するのが、視床下部のすぐ下にある「下垂体」です。
 卵巣は、下垂体からの司令によって2種類の女性ホルモン=「卵胞ホルモン(エストロジェン)」と「黄体ホルモン(プロジェステロン)」を分泌し、女性のからだ特有のリズムを作り出します。

●月経がストレスに左右されやすいのはなぜ?

 視床下部は、自律神経の中枢で、代謝、食、性のはたらきなど、生命機能に大きく関わっている器官です。そのため、心身のストレスによって自律神経の働きが乱れると、月経のリズムも影響を受けやすくなります。
 最近では、無理な食事制限によるダイエットから、若い女性が深刻な無月経に陥るケースが、とくに問題視されています。

010203  |

 

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...