Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

ブルーデーを快適に!

バイバイ・ブルーのポイント

快適に過ごすアイデア

分野別テーマ 一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
01
バイバイブルーのポイント

女性の月経期間は、28日周期で6日間、12歳で初経を迎えて50歳で閉経するとして計算すると、なんと、のべ8年間にもなります。
こんな長い時間を、ブルーな気分で過ごすなんて、とっても損だと思いませんか?
ブルーデーを快適に過ごすためのポイントをまとめてみました。

1 清潔が基本

 ナプキンは、こまめに替えましょう。経血量が少なくなってきても、同じナプキンは長時間使わないこと。
 また、シャワーや入浴で、からだを清潔に。気分もさっぱりします。かぶれなどが気になる人は、シャワートイレで、トイレのたびに外陰部を洗うのもおすすめです。

2 無理は禁物

 月経前や月経中は、からだの変化を意識しやすいときです。女性ホルモンのはたらきで、だるくなったり、眠くなったり、イライラしたりといったさまざまな症状があらわれますので、この期間は、からだをいたわるときだとわりきって。
 睡眠不足や過労には、くれぐれもご用心。ときには、自分を甘やかしてあげることも大切です。

3 何よりリラックス

 月経は、健康な成人女性なら、誰にでもあるもの。特別なことではありませんから、あまり神経質にならないで、ゆったりした気分で過ごしたいですね。 
 月経に対する不安や緊張が、月経痛などをひどくするときもあります。毎回、つらい症状がある人は、悩んでいないで一度婦人科に相談してみましょう。

4 自分なりの気分転換を

 軽い月経痛などは、何かに集中していたら忘れていた……ということは、よくあります。趣味や好きなことを、自分なりに用意しておくといいですね。

5 生理用品は上手に使い分けて

 経血の量や生活シーンに合わせて、ナプキンや生理用ショーツを使い分けると、快適に過ごすことができます。生理用品の性能は、どんどん向上していますので、新しい商品も積極的に試してみて、自分に合ったものを選んでください。

ロリエのサニタリーショーツもあるよ♪「アクティブガード」のサイトはこちら

6 鎮痛剤も上手に利用

ひどい月経痛に、がまんは禁物です。月に1度、数日の使用なら、副作用の心配などありませんので、鎮痛剤を上手に利用しましょう。痛みがピークに達すると効きにくくなるので、早めに服用するのがコツです。痛みの時期(月経1日めなど)がわかっている人は、事前に服用しておくとラクに過ごせます。
 また、気長に体質改善をするという意味では、漢方薬もおすすめです。「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」などがよく使われますが、体質に合ったものを選ぶことが大切なので、漢方薬局、婦人科で相談を。

7 “冷え”は大敵

 冷えると血行が悪くなり、骨盤内にうっ血が起りやすくなります。これが、腹痛や腰痛の原因に。寒い季節などは、保温効果のある下着や使い捨てカイロなどを、上手に利用しましょう。
 夏の冷房にも注意が必要です。ひざかけなどを利用して、冷えすぎないように気をつけましょう。夏でも、湯船につかってからだ全体を温めることは、とても効果的です。

8 軽い運動が効果的

 適度にからだを動かすと、血行がよくなり、骨盤内のうっ血を改善することができます。月経痛に効果のある体操がおすすめですが、ウォーキングやストレッチなどは、気分もリフレッシュしてくれます。
 あわせて、マッサージやツボの刺激なども試してみては?

9 食事にも気をつけて

 月経痛がある場合は、生野菜などからだを冷やす食べ物や、カフェインの摂取を控えめに。また、からだを温める炭水化物や脂質は、不足しないように気をつけてください。
 ふだんからバランスのよい食事を心がけ、不足しがちな鉄分、カルシウムを意識してとることも大切です。

10 低用量ピルを飲む

量が多い、月経痛がひどい人には低用量ピルがおすすめです。今ではそのためにピルを飲んでいる人が一番多いのです。産婦人科で相談してみてください。

11 気になるときは婦人科へ

 鎮痛剤を飲んでも治まらないような激しい月経痛、出血の異常など、気になる症状があるときは、早めに婦人科を受診しましょう。どんな病気も、早期発見が第一です。
 不安や悩みを抱えていると、ますますブルーな気分に。婦人科と上手におつきあいすることも、バイバイ・ブルーのポイントなのです。

0102  |

 
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...