• サンプルプレゼント中!

赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

冬のかぜ、インフルエンザ対策

発熱したときは、どうする?

赤ちゃんは、かぜにかかるといきなり高熱を出すとか。夜中に発熱したらどうしようと心配です。(ミケママ 6カ月)

熱が高いときは何をしてあげればいいのでしょう。どこを冷やせば熱が下がりますか?(かのん 1歳)

babycare_img_fukidashi

38℃以上の発熱であれば、かぜなどの感染症も含め、何らかの病気にかかっていることが疑われます。診療時間内であれば、発熱に気づいた時点ですぐに小児科を受診しましょう。とくに、夕方に発熱に気づいたときや、休日の前日にあたる場合は、早めに受診すべきです。夜間や休診日になって熱が一層上昇すれば、お母さんもあわててしまいますね。あらかじめ受診しておけば、その後熱が高くなったときの注意も受けられますし、場合によっては解熱薬も処方されます。受診せずに不安を抱えたままでいるより、はるかに安心できるでしょう。

夜中や休日など診療時間外に発熱に気づいた場合、急を要するかどうかは赤ちゃんの月齢と熱の高さ、および熱以外の症状によって判断します。まず、生後3カ月未満の赤ちゃんが急に38℃以上発熱した場合には、重症の感染症である可能性が高いので、早めに、場合によっては夜中でも受診します。月齢を問わず41℃以上の発熱も、至急受診が必要です。

3カ月から6カ月未満の赤ちゃんでは上の子の体調や、周辺での病気の流行がわかり、熱はあっても本人の様子がおちついているなら次の通常の診療時間まで待って受診します。ただし、インフルエンザやヘルパンギーナなどが疑われ発熱とともにけいれんを起したときは大至急受診します。

一方、生後6カ月を過ぎていれば、夜の急な発熱でも他に症状がなければ朝まで待って受診します。40℃近い高熱であっても、母乳やミルクをいつもと同じように飲んでいたり水分がしっかりとれていて、ぐずりながらでも眠れるようならあわてることはありません。ただ、水分さえ受け付けず、次第にぐったりしてきたり、青ざめて呼吸が荒く苦しそうになってきたとき、名前を呼んでも反応がないなど意識障害が見られたときは、救急外来や夜間診療を行っている病院で至急受診してください。このように全身状態が悪い場合は急を要します。

また、普通のかぜであれば、高熱が4日以上続くことはまずありません。すでに受診していても、高熱が4日以上続く場合は、合併症を起こしている可能性や、インフルエンザにかかっていることが考えられるので、再受診するようにしましょう。

なお、高熱が出たときは、水分補給を第一に心がけてください。熱を下げようとして冷やすことに躍起になりがちですが、熱は体がウイルスと戦っている証拠で、体温を上げることによってウイルスを撃退する意味もあるのです。心配なのは、高熱による脱水です。ハァハァという呼気からも水分は失われますから、いつも以上に飲み物で水分補給を行いましょう。

水枕や、市販の保冷シートは、赤ちゃんが嫌がらなければ使ってかまいませんが、病気が急性期にあるときは、それらを使ってもなかなか熱は下がりません。むしろ、赤ちゃんが気持ちよく過ごせるための手段と考えてください。
解熱薬が処方されたなら、使用の目安や回数、使う間隔などを、必ず医師の指示に従ってください。一般には、38.5℃以上の高熱で、熱のためにぐずって眠れないときや、水分さえ受け付けないようなときに使用すべきで、高熱があってもさほど不機嫌でなく、水分がとれていてよく眠れているようなら使う必要はありません。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top