赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

うんちの気がかり

白いブツブツと酸っぱい臭いが心配

うんちに白いブツブツが混じったり、ヨーグルトのような酸っぱいにおいがすることがたびたびあります。病院を受診したほうがよいのでしょうか?(みちのママ 5カ月)

赤ちゃんのうんちに混じる白い粒は乳脂肪の固まりやカルシウムで、母乳でもミルクでも見られます。腸で吸収しきれなかったために排泄された結果ですが、決して心配な消化不良ではなく授乳期の赤ちゃんには非常によくあることです。

また、うんちの酸臭には2通りあります。1つは、嫌なにおいではなく甘酸っぱいような感じ。これは、腸内の善玉菌が増殖しているためで、むしろ安心していいことです。もう1つ、鼻をつくような腐った感じの酸臭がして下痢を伴う場合は、かぜやその他の感染症などが疑われます。どちらのにおいかを確かめましょう。

酸っぱいにおいが感じられても、「ヨーグルトのような」ということなら心配ありません。腸内のビフィズス菌や乳酸菌などが勢いを増したのでしょう。みちのママさんの赤ちゃんのように5カ月になって離乳食が始まった頃でも、このような酸臭を帯びたうんちが出ることはあります。機嫌がよく、いつも通りにおっぱいやミルクを飲み、ほかに気になる症状がなければ大丈夫。受診する必要はありません。

ただ、極端に便の回数が増え、白っぽく水状の便になるなど、明らかに下痢の様相を呈してきたときや、腐ったようなにおいの酸臭がするうんちになったときは小児科を受診しましょう。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top