ヘアアイロン・コテでストレートをきれいにつくるコツをレクチャー

ヘアアイロン・コテでストレートをきれいにつくるコツをレクチャー

ヘアアイロン・コテでストレートをきれいにつくるコツをレクチャー

ストレートアイロンを使って
ストレートをきれいに仕上げる
ポイントをご紹介

STEP1 下準備

STEP1 下準備

STEP1 下準備


手順1

アイロン用スタイリング剤をつけます。

手順2

余分な髪をクリップでとめます。

上の部分をクリップでとめ、
下の部分から巻いていきます。

手順2のイメージ画像

手順2のイメージ画像

手順2のイメージ画像

きれいのコツ

きれいのコツ

きれいのコツ

アイロンをあてる前に、
髪の面をそろえましょう

髪がくしゃくしゃのまま
アイロンをあてると、
変なクセがついてしまいます。

こんな方法でさっと面をそろえましょう

こんな方法でさっと面をそろえましょう

こんな方法でさっと面をそろえましょう

・クシなどで絡まりをとる
・毛束の根元~毛先まで、 アイロンをすべらせて面をそろえる

アイロンは
乾いた髪に使いましょう

濡れた髪の毛はNG

濡れた髪の毛はNG

濡れた髪の毛はNG

濡れたままアイロンをあててもクセがつきにくく、スタイルが長持ちしません。

アイロンようのスタイリング剤をつけたら少し時間を置いてからアイロンを当てるとよりgood

アイロンようのスタイリング剤をつけたら少し時間を置いてからアイロンを当てるとよりgood

アイロンようのスタイリング剤をつけたら少し時間を置いてからアイロンを当てるとよりgood

STEP2 アイロンでのばす

STEP2 アイロンでのばす

STEP2 アイロンでのばす


手順1

ひと束とり、アイロンで平らになるようにはさんだら、 プレスしながらゆっくり毛先までのばします。

手順1のイメージ画像

手順1のイメージ画像

手順1のイメージ画像

手順2

下の髪が終わったら、上の髪をおろして同じようにプレスします。

ひと束の量は少なめに!
熱が届かない部分には
クセがつきません。
アイロンの幅からはみ出たり、
毛束が厚くなりすぎたり
しないようにしましょう。

クセづけたら、
しっかり冷ましましょう

アイロンをはずしたら、
毛束の熱がさめるまで、
まっすぐの状態に保ちましょう。

たくさん熱をあてるより、髪に残った熱を冷ます時間をとったほうがストレートが長持ちします

たくさん熱をあてるより、髪に残った熱を冷ます時間をとったほうがストレートが長持ちします

たくさん熱をあてるより、髪に残った熱を冷ます時間をとったほうがストレートが長持ちします

仕上がり

仕上がり

仕上がり


まっすぐきれいな仕上がりに!

より自然に仕上げるには毛先を内巻きに仕上げましょう。手首を内側に返しな我愛羅プレスし、自然な内巻きに仕上げます。

より自然に仕上げるには毛先を内巻きに仕上げましょう。手首を内側に返しな我愛羅プレスし、自然な内巻きに仕上げます。

より自然に仕上げるには毛先を内巻きに仕上げましょう。手首を内側に返しな我愛羅プレスし、自然な内巻きに仕上げます。

  • この商品を見た人にオススメ! 素髪風ストレートつくれるオイルを見る

    この商品を見た人にオススメ! 素髪風ストレートつくれるオイルを見る

    この商品を見た人にオススメ! 素髪風ストレートつくれるオイルを見る

  • このページを見た人にオススメ! アイロン用カールローションを見る

    このページを見た人にオススメ! アイロン用カールローションを見る

    このページを見た人にオススメ! アイロン用カールローションを見る

Page Top