介助する方がはかせる場合

ベッドなどに座っていただき、パンツの前後を確認して、片足ずつ通します。麻痺がある方は、麻痺側の足を先に通します。両足を通したら、パンツの中に尿とりパッドを入れます。

立てる場合には、手すりやベッドなどにつかまってもらい、介護する方が背中側にまわってパンツをウエストまで引き上げます。

介助する方が尿とりパッドのみを交換するとき

尿とりパッドの交換の仕方

使用者の後ろ側にまわり、パンツをヒザまでおろします。汚れた尿とりパッドを取り外したあと、新しい尿とりパッドをパンツの上に置き、引き上げます。

ご自分ではく場合

ベッドなどに座ります。パンツの前後を確認し、片足ずつパンツに通し、太もものあたりまで上げます。

左右交互にお尻を浮かせて、パンツを少しずつウエストまで上げます。

背中側もウエストまでしっかり上がっていることを確認します。

ご自分で尿とりパッドを一緒に使う場合

ベッドなどに座ります。パンツの前後を確認し、片足ずつパンツに通し、太もものあたりまで上げます。

パンツ用尿とりパッドをパンツタイプのおむつに装着します。
尿とりパッドが、パンツのモレ防止ギャザーの内側に入っていることを確認します。

モレを防ぐポイント

紙パンツは、ウエスト位置までしっかり引き上げましょう。前(お腹側)は上がっていても、後ろ(背中側)がウエストまで上がっていない場合があります。はきやすく、上げやすいおむつを選ぶことが大切ですが、介護する方は、背中側をしっかり引き上げましょう。特に腰が曲がっている方はその傾向があります。

紙パンツに肌着の裾をはさみ込んでしまうと、肌着を伝ってモレる場合があります。注意しましょう。

座っている時間が長い方は、紙パンツが下がってくる場合があります。ときどきチェックして、ウエストまで引き上げるように促してあげましょう。

夜間など、長時間横になっているときには、尿量に応じたパンツ用尿とりパッドと併用するようにしましょう。

はずすとき

はくときと逆の手順ではずします。脇を少しずつ破ってはずすこともできます。排便のときは、片手を股間部に当てながらはずします。

あと始末

排便時は、便だけをトイレに流します。小さく丸め、廃棄処理テープがある場合は、後ろの処理テープのつまみをはがしてとめます。ゴミ袋などに入れて処理します。

  • * 紙おむつは可燃物ですが、市区町村により廃棄物の分類が異なります。お住まいの地域の廃棄ルールに従ってください。

テープ/パンツ両用タイプって?

テープ/パンツ両用タイプは、パンツタイプとテープ式タイプの両方の機能をもっています。

昼間は動きやすいパンツとして!

下着のように上げ下げできるのでご本人の頑張る気持ちも高まります。

トイレに行くときも動きやすいので、リハビリ中の方におすすめです。

夜は交換しやすく、モレにくいテープ式タイプに!

前を開けばテープ式タイプに早変わり。
ムリに起こすことなく交換がラクにできます。

トイレに行くときも大丈夫!
テープで止めた後も、また上げ下げできます。

介助する方がはかせる場合
(パンツタイプとして使っているとき)

ベッドなどに座っていただきます。介助する方は、パンツの脚ぐりに片手を通します。通した手で、片方のかかとを支えるように持って、脚ぐりに導き通します。反対の脚も同様にします。麻痺がある方は、麻痺側の足を先に通します。両足を通したら、パンツの中に尿とりパッドを入れます。

立てる場合には、手すりやベッドなどにつかまっていただき、介助する方が背中側にまわってパンツをウエストまで引き上げます。

介助する方が尿とりパッドのみを交換するとき
(パンツタイプとして使っているとき)

尿とりパッド(昼用)の交換の仕方(パンツタイプとして使っているとき)

使用者の後ろ側にまわり、パンツをヒザまでおろします。汚れた尿とりパッドを取り外したあと、新しい尿とりパッドをパンツの上に置き、引き上げます。
引き上げるとき、パンツを股間部に密着させるとモレにくくなります。

尿とりパッド(夜用)の交換の仕方
(パンツタイプとして使っているとき)

使用者の後ろ側にまわり、パンツをヒザまでおろしたあと、汚れた尿とりパッドを取り外します。 新しい尿とりパッドを先に股間部にあててから、パンツを引き上げます。

ポイント
介護者の体(腰のあたり)で、股間部にあてたパッドを押さえておくと、パッドが落ちずよりスムーズに交換ができます。

はずすとき
(パンツタイプとして使っているとき)

ご本人に立っていただきます。介助する方は、パンツを左右のミシン目に沿って下側から切り開きます。

パンツが下に落ちてしまわないように、テープで仮止めしておきます。可能ならご本人に手で押さえていただきましょう。

左右のミシン目を切り開いたら、介助する方は、パンツの股間部分に手を添えて、はずします。

寝たまま交換する場合
(テープ式タイプとして使っているとき)

パンツを左右のミシン目に沿って下側から切り開きます。

テープ式パンツを交換する場合

身体を横向きにして、使用済みのテープ式パンツをはずします。新しいテープ式パンツは、左右のテープが身体につかないように折り、身体の中心にくるように置きます。上側のテープが腰骨の位置より上になるように置くのがポイントです。

テープを引き出してから、ミシン目に合わせるように、お腹のところでテープを止めます。テープを真横にして止めると、よりはがれにくくなります。

テープを止めたあとでも、パンツのように上げ下げができます。

尿とりパッドを交換する場合

身体を横向きにして、使用済みのテープ式パンツをはずします。新しいテープ式パンツは、左右のテープが身体につかないように折り、身体の中心にくるように置きます。上側のテープが腰骨の位置より上になるように置くのがポイントです。

身体をゆっくりと仰向けに戻し、尿とりパッドを先に引き上げます。つぎに脚ぐりのモレ防止ギャザーが内側に折り込まれないように注意しながら、テープ式パンツを引き上げてあてます。

テープを引き出してから、ミシン目に合わせるように、お腹のところでテープを止めます。テープを真横にして止めると、よりはがれにくくなります。

テープを止めたあとでも、パンツのように上げ下げができます。

あと始末

排便時は、便だけトイレに流します。
 
使用後のテープ式パンツは小さく丸めて、最後にテープで止めてください。ゴミ袋などに入れて処理します。

  • * 紙おむつは可燃物ですが、市区町村により廃棄物の分類が異なります。お住まいの地域の廃棄ルールに従ってください。

あて方(尿とりパッドを併用する場合)

テープ式のモレ防止の立体ギャザーの内側に、尿とりパッドを入れます。

体を横向きにして、おむつのテープが体につかないように折り、おむつの中心を背骨の位置に合わせるように置きます。テープ(上側)が腰骨の位置より上になるように置くのがポイントです。

体をゆっくりとあお向けに戻し、尿とりパッドを引上げ、ズレ止めテープを剥がします。

ポイント
尿とりパッドの立体ギャザーを両手で軽く持ち、脚のつけ根に沿うように引上げます。

テープ式おむつのシワを伸ばしながら、左右に広げます。

尿とりパッドのズレ止めテープのある部分を上から軽く押さえ、ズレないようにしながら、まず下側のテープを左右順番に止め、次に上側のテープも左右順番に止め、体に合わせます。

ポイント

お腹まわりが細い場合は、上のテープを斜め下向きに。

脚まわりが細い場合は、下のテープを斜め上向きに。

体全体が細い場合、上下のテープを交差させて止めましょう。

ポイント

テープを止めた位置が、左右対称になるように注意しましょう。

あと始末

排便時は、便だけをトイレに流します。小さく丸め、ゴミ袋などに入れて処理します。

  • * 紙おむつは可燃物ですが、市区町村により廃棄物の分類が異なります。お住まいの地域の廃棄ルールに従ってください。

あて方の悪い例

脚まわりにすき間がある。

おむつを引き上げるときに、曲がったりしないように注意しましょう。

立体ギャザーが内側に折り込まれている。

立体ギャザーを太ももにきちんと沿わせるようにしましょう。

おむつが曲がっていて、テープの止め位置が左右対称でない。

おむつを引き上げるときに、曲がったりしないように注意しましょう。

おむつがずり落ちて、お尻が出ている。

ウエスト部分がゆるくなりすぎないようにしましょう(指1本程度のゆるみが目安)。また、テープ(上側)は腰骨より上の位置にくるようにしましょう。

尿とりパッドって?

尿とりパッドは、おむつの中に入れて使う 吸収パッド。おしっこをするたびにパンツやテープ式ごと取り替えるのではなく、汚れた尿とりパッドだけを抜き出して新しいものに取り替えることができます。

  • パンツをはき直さなくていいから、交換の手間がぐっとラクに
  • パンツは1日1枚でOKだから、経済的

二つの利点が、尿とりパッドにはあるのです。

おむつと一緒に使う時

尿とりパッドを上手に使い分けることで、交換の手間がぐっとラクになります。

テープ式の場合

尿とりパッドのあて方

尿とりパッドの立体ギャザーをしっかり立てましょう。

使用前に尿とりパッドの両端を持って軽く引っ張り、立体ギャザーをしっかりと立てます。尿とりパッドの立体ギャザーは、尿モレを防ぐ堤防の役割をします。立体ギャザーがつぶれていると、堤防がない状態になり、尿モレしやすくなります。

尿とりパッドの前後の向きを確認しましょう

片方が幅広い尿とりパッドの場合、男性と女性で、使う向きを変えましょう。
女性の場合は、幅の広い方をうしろ側(おしり側)に当ててお使い下さい。男性の場合は、幅の広い方を前側(おなか側)に当ててお使いください。広い面で尿をしっかりと吸収します。

尿とりパッドを置く位置を確認しましょう。

パンツタイプの場合は
パンツタイプおむつの立体ギャザーをつぶさないように注意して、立体ギャザーの内側に置きます。2つ折りになっている尿とりパッドの場合は、2つ折りのまま紙パンツの底に付くまで入れて装着します。

テープ式の場合は
背中側の尿とりパッドの端を、おむつの吸収体から3cmほど内側になるように(背中側の吸収体からはみ出ないように)置きましょう。

尿とりパッドのはみ出しを確認しましょう。

尿とりパッドのはみ出しを確認しましょう。動いている間に尿とりパッドがずれて、股間部やウエスト部からはみ出すと、モレの原因となります。パッドのずれ止めテープをしっかりつけて、ズレを防ぎましょう。

花王 リリーフ ふれあいダイアル

受付時間 10:00〜16:00(土・日・祝日は除く)

まずはお電話ください。専門の相談員が、
あなたのお悩み解決をお手伝いします。

  • * 相談は無料です。
  • * 病気についてのご相談はご遠慮ください。
Page Top