大人用おむつ(介護おむつ)種類と選び方

漏れないことはもちろん、
状況に合わせた選び方が大切です。

大人用おむつ(介護おむつ)選びの
ポイント

身体の状態にあった大人用おむつ(介護おむつ)を使用する

おむつは、おむつを使われる方の自立度に合わせて選びましょう。

お身体の状態

身体のサイズにあった大人用おむつ(介護おむつ)を使用する

外側のおむつは身体のサイズに合ったものを選びましょう。大きすぎるおむつは、漏れや不快感につながります。
パンツタイプは「ウエスト」、テープタイプは「ヒップ」のサイズに合わせましょう。

タイプ別のサイズ基準表

外側のおむつは身体のサイズに合ったものを選びましょう。大きすぎるおむつは、漏れや不快感につながります。
パンツタイプは「ウエスト」、テープタイプは「ヒップ」のサイズに合わせましょう。

タイプ別のサイズ基準表

尿量、交換回数にあった大人用おむつ(介護おむつ)を使用する

おむつを使われる方の尿量、頻度に合わせて吸収回数の少ない・多い尿とりパッドを使い分けることをおすすめします。
吸収量の少ない尿とりパッドは、尿量が少なく、頻繁に交換できるときに。
吸収量の多い尿とりパッドは、尿量が多く、頻繁に交換できないときや夜間・一晩中使用するときにおすすめです。

吸収量別の尿とりパッド使い分け一覧表

吸収量別の尿とりパッド使い分け一覧表

吸収量別の尿とりパッド使い分け一覧表

テープ・パンツ(外側のおむつ)と
尿とりパッド(内側のおむつ)を併用する

おむつを使われる方の自立度に沿って選びます。尿とりパッドを併用することで、おむつ交換の介護負担の軽減、おむつ代の節約につながります。

大人用おむつ(介護おむつ)の
選び方

大人用おむつ(介護おむつ)の
種類

大人用おむつには外側のおむつと呼ばれるものと、その中につける内側のおむつ(尿とりパッド)の2種類があります。
装着される方のお身体や排泄の状態、またご本人と介護者様のお気持ちに合ったものを選びましょう。

外側のおむつ

まずは外側のおむつを選びましょう。種類は大きく3つに分けられます。

  • パンツタイプ

    パンツタイプ

    パンツタイプ

  • 両用タイプ

    両用タイプ

    両用タイプ

  • テープタイプ

    テープタイプ

    テープタイプ

パンツタイプ

パンツタイプはこんな方におすすめ:外出できる、歩ける、介助歩行、介助があれば立てる・座れる

布のように薄くてやわらかい下着のようなタイプから、おしっこ5回分の吸水量がある長時間でも安心タイプまで種類はさまざまです。

紙パンツ専用の尿とりパッドを併用すれば、経済的で交換もラクになります。

※1回の排尿量150ml*として
(*数値は当社測定法によるものです)

「パンツタイプのサイズの選び方」お使いになる方のウエスト(胴まわり)に合ったサイズを選びます。

「パンツタイプのサイズの選び方」お使いになる方のウエスト(胴まわり)に合ったサイズを選びます。

「パンツタイプのサイズの選び方」お使いになる方のウエスト(胴まわり)に合ったサイズを選びます。

おすすめの大人用おむつ
【パンツタイプ】

  • 超うす型(パンツのみでケア)超うす型 まるで下着 2回分

    超うす型(パンツのみでケア)超うす型 まるで下着 2回分

    超うす型(パンツのみでケア)超うす型 まるで下着 2回分

  • うす型~厚型 安心の介護シリーズ リハビリテーションパンツ 3〜5回分吸収

    うす型~厚型 安心の介護シリーズ リハビリテーションパンツ 3〜5回分吸収

    うす型~厚型 安心の介護シリーズ リハビリテーションパンツ 3〜5回分吸収

テープ式/パンツ両用タイプ

テープ式/パンツ両用タイプはこんな方におすすめ:介助があれば立てる・座れる

おしっこ6回分の吸収量のある、テープタイプとパンツタイプの両方の機能を持っている大人用おむつです。
日中の活動時は動きやすいパンツタイプとして、体調が悪い時や夜間は交換しやすくモレにくいテープタイプとしてお使いいただけます。
退院後のリハビリにもおすすめです。

「テープ式/パンツ両用タイプの サイズの選び方」お使いになる方のウエスト(胴まわり)に合ったサイズを選びます。

「テープ式/パンツ両用タイプの サイズの選び方」お使いになる方のウエスト(胴まわり)に合ったサイズを選びます。

「テープ式/パンツ両用タイプの サイズの選び方」お使いになる方のウエスト(胴まわり)に合ったサイズを選びます。

おすすめの大人用おむつ
【両用タイプ】

  • パンツ・テープ両用 テープ式にもなるパンツ 6回分吸収

    パンツ・テープ両用 テープ式にもなるパンツ 6回分吸収

    パンツ・テープ両用 テープ式にもなるパンツ 6回分吸収

テープタイプ

テープタイプはこんな方におすすめ:寝て過ごすことが多い

横になったままでも交換しやすいタイプです。おしっこ4~5回分を吸収。寝て過ごすことが多い方におすすめです。
テープタイプ専用の尿とりパッドを併用すると交換の負担を減らすことができ経済的です。体とおむつの隙間を補完することもできます。

「テープタイプのサイズの選び方」お使いになる方のヒップ(腰まわり)に合ったサイズを選びます。

「テープタイプのサイズの選び方」お使いになる方のヒップ(腰まわり)に合ったサイズを選びます。

「テープタイプのサイズの選び方」お使いになる方のヒップ(腰まわり)に合ったサイズを選びます。

おすすめの大人用おむつ
【テープタイプ】

  • テープ式 股モレ安心テープ式 4〜5回分吸収

    テープ式 股モレ安心テープ式 4〜5回分吸収

    テープ式 股モレ安心テープ式 4〜5回分吸収

内側のおむつ(尿とりパッド)

  • 紙パンツ専用

    紙パンツ専用

    紙パンツ専用

  • テープ式専用

    テープ式専用

    テープ式専用

大人用おむつは外側のおむつと内側のおむつを組み合わせて使うのがおすすめです。

内側のおむつ(尿とりパッド)は、外側のおむつがパンツタイプならパンツ用パッドを、テープタイプであればテープ用パッドを選びましょう。

外側のおむつがパンツタイプならパンツ用パッドを、テープタイプであればテープ用パッドを選びましょう

外側のおむつがパンツタイプならパンツ用パッドを、テープタイプであればテープ用パッドを選びましょう

外側のおむつがパンツタイプならパンツ用パッドを、テープタイプであればテープ用パッドを選びましょう

  • 外側のおむつ

    外側のおむつ

    外側のおむつ

    パンツタイプ

    パンツタイプ

    パンツタイプ

    テープ式/パンツ両用タイプ、テープタイプ

    テープ式/パンツ両用タイプ、テープタイプ

    テープ式/パンツ両用タイプ、テープタイプ

  • 内側のおむつ

    内側のおむつ

    内側のおむつ

    紙パンツ専用尿とりパッド

    紙パンツ専用尿とりパッド

    紙パンツ専用尿とりパッド

    テープ式専用尿とりパッド

    テープ式専用尿とりパッド

    テープ式専用尿とりパッド

紙パンツ専用尿とりパッド

紙パンツ専用尿とりパッド

紙パンツ専用の尿とりパッドです。パンツタイプと組み合わせることで、快適に過ごせるだけでなく、介護者の交換の負担軽減やおむつ代の節約につながります。
吸水量によって昼用と夜用のどちらかをお選びいただけます。

大人用おむつ(介護おむつ)
パンツタイプの履き方・履かせ方

YouTube video:紙パンツの使い方(尿とりパッドと併用する場合)

おすすめの尿とりパッド

  • 内側のおむつ(尿とりパッド)快適アロマ安心フィット(昼用2回分吸収)(夜用4回分吸収)

    内側のおむつ(尿とりパッド)快適アロマ安心フィット(昼用2回分吸収)(夜用4回分吸収)

    内側のおむつ(尿とりパッド)快適アロマ安心フィット(昼用2回分吸収)(夜用4回分吸収)

テープ式専用尿とりパッド

テープ式尿とりパッド

テープ式専用の尿とりパッドです。組み合わせて使用することで、快適に過ごせるだけでなく、介護者の交換の負担軽減やおむつ代の節約につながります。
吸水量によって昼用(強力吸収・長時間)と夜用のどちらかをお選びいただけます。

大人用おむつ(介護おむつ)
テープタイプの
履き方・履かせ方

YouTube video:尿とりパッドの使い方(テープタイプ)

おすすめの尿とりパッド

  • 内側のおむつ(尿とりパッド)モレ安心パッド(昼用3~4回分吸収)(夜用6回分吸収)

    内側のおむつ(尿とりパッド)モレ安心パッド(昼用3~4回分吸収)(夜用6回分吸収)

    内側のおむつ(尿とりパッド)モレ安心パッド(昼用3~4回分吸収)(夜用6回分吸収)

もっとピッタリな大人用おむつを知りたい方はこちら!

もっとピッタリな大人用おむつを知りたい方はこちら!

もっとピッタリな大人用おむつを知りたい方はこちら!

カンタンな質問に答えるだけ!大人用おむつ診断 診断スタート!

よくあるご質問

Q.

大人用おむつ(介護おむつ)はどのような種類がありますか?

A.

履くタイプの「パンツタイプ」、ベッド上で横になって交換するタイプの「テープ式」、両方の機能を持つ「2wayタイプ」があります。排尿量や交換回数に合わせて、一緒に使う尿とりパッドもあります。

Q.

大人用おむつ(介護おむつ)はどのように選んだらよいですか?

A.

排泄がトイレ等でどの程度出来るかというお身体の状況によって、「パンツタイプ」「2wayタイプ」「テープ式」のいずれかのタイプを選びます。
また、トイレで主に排泄できるか、おむつに主に排泄するかによって、「パンツタイプ」の中から、「超うす型タイプ」「うす型タイプ」「長時間タイプ」を選びます。
排尿量や交換回数によって、必要に応じて一緒に使う尿とりパッドを選びます。
尿とりパッドは、比較的交換しやすい「昼用」と長時間使用でも安心な「夜用」の2種類あります。

Q.

大人用おむつ(介護おむつ)のサイズ選びはどのようにしたらよいですか?

A.

パンツタイプはウエスト(胴まわり)でお選びください。 テープ式はヒップ(腰まわり)でお選びください。

Q.

「排尿○回分」等の表示がありますが、1回分はどのくらいの量ですか?

A.

メーカーによって異なりますが120~150mlで設定しています。商品パッケージをご確認ください。「リリーフ」の場合、1回分は150mlです。

Q.

尿とりパッドって何ですか?使うとどのような良い点がありますか?

A.

外側のおむつの中に入れて併用する補助的なパッドです。交換が簡単で、おむつ代の節約にもなります。

Q.

尿とりパッドはどのように選べばよいですか?

A.

外側のおむつのタイプ(パンツ、テープ式)、吸収量や交換頻度に合わせて、適したものを選んでください。

Q.

テープ式おむつやパンツタイプは男女共用ですか?

A.

はい、男女共用です。

Q.

パンツタイプ、テープ式、尿とりパッドは同じブランドを使ったほうがいいですか?

A.

必ずしも同じブランドである必要はありませんが、同じブランドの方が外側のおむつの立体ギャザーの中に尿とりパッドがすっぽりおさまりやすいので、使い勝手はよいでしょう。

Q.

肌が弱いのですが、どのような大人用おむつ(介護おむつ)を選べばよいですか?

A.

外側のおむつも尿とりパッドにも、通気性があるものを選びましょう。

Q.

長時間おむつを交換できません。どのようなものを選べばよいでしょうか?

A.

尿とりパッドを併用できる場合は、高吸収の夜用尿とりパッドを外側のおむつと一緒に使いましょう。
尿とりパッドが併用できない場合は、歩いたり座ることができれば、高吸収のパンツタイプをお使いください。

はじめて介護する方へ:おむつの使い方/お役立ち情報はこちら

はじめて介護する方へ:おむつの使い方/お役立ち情報はこちら

はじめて介護する方へ:おむつの使い方/お役立ち情報はこちら

大人用おむつの選び方、
ムレ・漏れ・ニオイのこと、
排泄のトラブルで悩んでいませんか?

お電話でのお問い合わせ

\おむつ110番/
花王・リリーフ
ふれあいダイヤル

(通話料無料)

受付時間 10:00〜16:00(土・日・祝日は除く)
専門の相談員が、お悩み解決をお手伝いします。

  • 相談は無料です。
  • 病気についてのご相談はご遠慮ください。
  • 商品詳細に関するお問い合わせはこちら

  • ふきとり時のヒリヒリおしりに なんてやさしいふき心地 薬用サニーナ

  • 病院施設用をお探しの方。退院・退所後もリリーフをお使いいただくために、病院施設用商品と家庭用商品の対応表があります。詳しくはこちら

  • あきらめていた尿臭・体臭 すっきり消臭!! 消臭ストロング

  • 購入する

100名様プレゼント実施中!介活のすすめナビ

100名様プレゼント実施中!介活のすすめナビ

100名様プレゼント実施中!介活のすすめナビ

Page Top