img_select

はじめて介護する方へ

おむつ選びのポイント

モレないことはもちろん、
状況に合わせた選び方が大切です。


おむつ選びの基本的なポイント①


身体の状態にあったものを使用する

おむつは、介護を受けられる方の排泄の自立度に合わせて選びましょう。

select_pct01


身体のサイズにあったものを使用する

外側のおむつは身体のサイズに合ったものを選びましょう。
ゆるすぎるおむつは、モレ不快感につながります。 
パンツタイプは“ウエスト”。テープタイプは“ヒップ”のサイズに合わせましょう。

select_pct02


尿量、交換回数にあったものを使用する

介護を受けられる方の尿量、頻度に合わせて吸収回数の少ない・多い尿とりパッドを使い分けることをおすすめします。

select_pct03


テープ・パンツ(外側のおむつ)と内側のパッドを併用する

介護を受けられる方の排泄の自立度に沿って選びます。
尿とりパッドを併用することで、おむつ交換の介護負担の軽減、おむつ代の節約につながります。

select_pct04


おむつの選び方


身体の状態にあったものを選びましょう。

select_pct05


テープ・パンツ(外側のおむつ)の
選び方


テープ・パンツ(外側のおむつ)は身体のサイズに合ったものを選びましょう。
ゆるすぎるおむつは、モレ不快感につながります。

select_pct06

select_pct06

select_pct06sp


内側のパッドの選び方


内側のパッドは尿量や交換頻度、交換時間に合わせて選びましょう。

① 尿量
リリーフ尿とりパッドの吸収回数は、パッケージに表示されています。
(排尿1回を約150mlとしたときの吸収回数)


② 交換頻度と交換時間
日中頻繁に交換できる場合や尿量が少ない方には吸収回数の少ないもの、頻繁に交換できない場合や尿量が多い方、夜間・一晩中使用される場合は、吸収回数の多いパッドを選択しましょう。

テープ・パンツ(外側のおむつ)によって使い分ける

尿とりパッドは、外側のおむつがパンツタイプならパンツ用パッドを、テープタイプであれば、テープ用パッドを選びましょう。

select_pct07


おむつ選びの基本的なポイント②

おむつを選ぶときには、「モレない」ことはもちろん、「お肌へのやさしさ」への配慮や、「消臭性能」、「使用状況」に合わせたおむつ選びが大切です。


通気性があること

肌のムレを防ぐためには、通気性があるおむつを使うことが最も大切です。外側の防水シート(バックシート)に通気性素材が使用されているものを選びましょう。通気性素材は、尿はしっかりガードして、おむつの中の湿った空気をどんどん外に逃がしますから、ムレる心配がありません。おむつと尿とりパッドを併用する場合には、おむつだけでなく、尿とりパッドにも通気性があるものを選びましょう。

おむつ内湿度の比較

select_pct08

通気性のないおむつ(テープ式+尿とりパッド)を使用した場合、
排尿後10分程度で、不快を感じる湿度70%を越え、そのまま高い状態が続きます。

濡れた紙おむつの通気性の比較

select_pct09

通気性シートを使用したおむつ(右)では、おむつ内から排出された湿った空気によって、コップの内側が曇っています。


やわらかいこと

おむつの摩擦によって、お肌が刺激を受ける場合があります。やわらかい素材で、肌ざわりがよく、身体にやさしくフィットするものを選びましょう。


抗菌・消臭効果があること

排泄後、時間とともに増えてしまう雑菌の繁殖を抑え、ニオイを防ぐ効果があるものがおすすめです。

ニオイの比較

select_pct10


尿量と交換頻度に合わせて選ぶこと

夜間など、頻繁におむつ交換ができないときは、尿とりパッドを吸収量の多いタイプ(「夜間用」「長時間用」など)に切り替えましょう。

お体の状態や、
排泄の状況に合わせて、
最適なおむつを選びましょう。

紙おむつ選びのこと、ムレ・モレ・ニオイのこと、排泄のトラブルで悩んでいませんか?

紙おむつ選びのこと、ムレ・モレ・ニオイのこと、排泄のトラブルで悩んでいませんか?

紙おむつ選びのこと、ムレ・モレ・ニオイのこと、排泄のトラブルで悩んでいませんか?

チャットでのお問い合わせ


リリーフお悩みサポート

お電話でのお問い合わせ


花王・リリーフふれあいダイヤル《おむつ110番》

花王・リリーフふれあいダイヤル《おむつ110番》

花王・リリーフふれあいダイヤル《おむつ110番》

受付時間 10:00〜16:00
(土・日・祝日は除く)

専門の相談員が、
お悩み解決をお手伝いします。

  • 相談は無料です。
  • 病気についてのご相談はご遠慮ください。
  • 商品詳細に関するお問い合わせはこちら
Page Top