Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

おむつかぶれの基礎知識

注意していたはずなのに、なぜ、おむつかぶれが起きてしまうのでしょう。原因がわかれば、予防策も見えてきます。

どうなったらおむつかぶれ?

おむつかぶれは、おむつにおおわれた皮膚に起きた炎症で、医学的には「おむつ皮膚炎」といいます。おしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹として現れることもあります。炎症はかゆみや痛みをともない、悪化するとただれて血がにじむ赤ちゃんもいます。
また、ウエストや太もものまわりの、おむつカバーや紙おむつのギャザーがあたる部分での皮膚炎も、おむつかぶれです。
あせもやアトピー性皮膚炎との違いは、炎症がおむつのあたっているところだけに起こること。ただ、夏場はおむつの中もあせもができやすく、おむつかぶれかと思ったら実はあせもだったという場合もよくあります。

おむつかぶれのチェックポイント

こんな様子は、かぶれが起こり始めたサインです。

  • おしりをふいたら痛がって泣く
  • 入浴時、おしりにお湯をかけたら激しく泣いた
  • おむつをはずすと、かゆがっておしりに手をやる

写真で分かる! おしりの赤みの目安

おむつかぶれの原因は?

おむつかぶれの原因はひとつではなく、さまざまな要素がからみ合って起こります。いちばんの原因はおしっこやうんちの刺激ですが、おむつ内の環境も影響します。

かぶれの原因 かぶれを引き起こす理由
おしっこ みかけは水のようですが、腎臓で濾過された体内の老廃物など肌を刺激する成分を含んでいます。排泄して時間が経つと分解が進み、ますます皮膚にダメージを与えやすくなります。
うんち 大腸菌などの腸内細菌や酵素などの刺激物がいっぱい。とくに下痢のうんちは刺激性が高く、おむつの中で放置されたままになっていると、たちまちおむつかぶれに。
汗・ムレ 元気いっぱいに動くと、おしりも汗をかきます。加えて、おしっこをした直後のおむつの中は湿気がムンムン。ムレてふやけた皮膚は傷つきやすく、排泄物の刺激を受けやすくなります。
こすられる<br>刺激 赤ちゃんの肌は薄くデリケートです。きつくこすったつもりはなくても、目には見えない細かな傷がつき、そこから炎症が始まります。
カビ<sup>※</sup><br>(カンジダ) ムレたおむつの中はカビが繁殖しやすくなります。おむつかぶれがなかなか治らないときには、カビによる皮膚炎を合併していることも疑って!

※乳児寄生菌性紅斑→「カビが原因で起こるおむつかぶれも!」の項目を参照

【内海先生のひと言アドバイス】

皮膚には刺激物の侵入を防ぐために幾重もの防御機能が備わっていますが、赤ちゃんはまだそのシステムが未熟です。肌は薄くデリケートで傷つきやすいうえ、免疫能力も十分ではありません。しかも、月齢が低いほど排泄回数が多く、おしりは不衛生になりがちです。
おむつを長時間あてたままにしておくと、ムレて皮膚がふやけておむつ表面で傷つくことになります。さらに、おむつの中でおしっことうんちが混ざり合うと、皮膚のpH(ペーハー)が上昇して、ますます刺激物の侵入を容易にしてしまいます。
また、サイズの合わないきつい紙おむつやおむつカバーも、皮膚をこすって炎症を起こすことがあります。

おしっこやうんち以外にも、いろんなことが関係してるんだね!

紙おむつのサイズの変えどきは?
紙おむつのサイズは新生児用以外、体重を目安に選びます。ただ、体重は同じでもぽっちゃりしている子もいればスリムな赤ちゃんもいます。体型に応じて選ぶ目安は、ウエストと脚まわりのフィット感。
紙おむつのテープをいちばん外側のラインで留めても、お腹のまわりがきつくて指1本入る余裕もないときは、サイズの変えどきです。また、おむつをはずしたときウエストや太ももに跡がついているようなら、これもサイズが合っていない証拠です。1つ上のサイズに変えましょう。

おむつかぶれ注意報

おむつかぶれになりやすい以下のような状況のときは、いつも以上におしりの清潔やケアに気をつけたいですね。

  • 1. ゆるゆるの便が回数多く出ている時期
  • 2. 下痢のとき
  • 3. 外出時や夜間など、長時間おむつを替えられないとき
【内海先生のひと言アドバイス】

最近は紙おむつの機能がとてもよくなり、おしっこの水分をすばやく吸収して固めてしまうので肌がさらりと保たれ、以前に比べて赤ちゃんがひどいおむつかぶれを起こす頻度は格段に低くなりました。しかし、うんちの固形物は紙おむつでも吸収できません。
ゆるゆるのうんちが1日に何度も出ていたり、下痢のときはたちまちおむつかぶれに見舞われてしまいます。ことに冬に流行する「ロタウイルス」等が原因のかぜ(白色便性下痢症)は激しい下痢が続くため、おむつかぶれを起こす赤ちゃんがたくさんいます。

カビが原因で起こるおむつかぶれも!

ムレや汚れが原因の皮膚炎とは別に、「乳児寄生菌性紅斑」といって、カビが原因のおむつかぶれもあります。おむつ部分に「カンジダ」というカビによる炎症を起こします。
おむつかぶれがおむつのあたっている部分に起こるのに対して、カビによる皮膚炎はおむつが直接肌に触れていないしわの部分にもできることや、赤くなった皮膚の周辺部が特徴的なレース状であったり、さらにその周辺に小さな紅斑があるなどで見分けることができます。
カビによる皮膚炎を合併しているときには、通常のおむつかぶれの治療では治らず、さらにステロイドの塗り薬では悪化するので注意が必要です。
処方された塗り薬を使っていたらかぶれがひどくなったときは、カビの疑いや、塗り薬による「接触皮膚炎」の可能性もあるので受診しましょう。

【内海先生のひと言アドバイス】

ふつうのおむつかぶれに、ふつうの塗り薬を塗った場合、以下の3つの経過があります。

1. 治る  2. 治らない  3. 悪化した

治らないのは、塗り薬の塗り方が悪いか、あるいは座浴などの基本的なおしりのケアができていないことが考えられます。悪化した場合は、その塗り薬による「接触皮膚炎」を起こした場合です。この、塗り薬による接触皮膚炎が意外に少なくありません。

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...