からだのノート おとなになるということ

LESSON 1

思春期(ししゅんき)のからだ

女の子も男の子も、このごろ少し、からだが変わってきた感じ? おとなになるしたくをはじめた、みんなのからだのこと、きちんと知っておきたいですね。

“思春期(ししゅんき)”という時期(じき)に、さしかかりました

小学校の高学年くらいになると、みんなのからだは、そろそろおとなになるしたくをはじめます。
わきの下や性器(せいき)に毛(性毛(せいもう))がはえてくるのは、そのしるし。このほかに、女の子と男の子のからだには、それぞれちがう変化(へんか)があらわれます。この変化は18歳(さい)ぐらいまでつづき、みんなのからだは、だんだんおとなになっていきます。
この変化の時期(じき)を「思春期(ししゅんき)」といいます。思春期は、からだだけでなく、心もおとなになっていくときです。

からだの変化のひみつは“ホルモン”

女の子のからだが女性(じょせい)らしくなるために必要(ひつよう)なのが「女性ホルモン」、男の子のからだが男性(だんせい)らしくなるために必要なのが「男性ホルモン」というものです。
これらのホルモンは、みんなが小さいときは、まだつくられていませんでした。でも、思春期になると、脳(のう)から「ホルモンをつくりなさい」という命令(めいれい)が出るようになります。
ホルモンは、血液(けつえき)といっしょにからだ中にはこばれ、みんなのからだをおとなへと成長(せいちょう)させます。

からだの変化

*からだの変化には、個人差(こじんさ)があります。

「と、だんだんおとなのからだになっていくわけだ!」「ホ〜ッ …でもあたりまえか…」

ホルモンによって目をさますからだ

女性ホルモンのはたらきによって、女の子のからだは、見た目がずいぶん変わってきます。でも、見た目だけではなく、からだの中でも大きな変化(へんか)がはじまっているのです。
わたしたちのからだには、心臓(しんぞう)や肺(はい)、胃(い)など、生きていくために必要(ひつよう)な器官(きかん)がたくさんありますね。女の子も男の子も、このほかに、赤ちゃんをつくるための「性器(せいき)」という大切な器官を持っています。
性器(せいき)は、あなたたちが小さいときには、まだはたらかないで休んでいました。それが、ホルモンによって目をさまして活動(かつどう)をはじめ、女の子はやがて「初経(しょけい)」をむかえます。

女の子の“性器”のしくみ

女の子の性器は、外から見えるところ(外性器(がいせいき))と、からだの中にかくれているところ(内性器(ないせいき))に分かれています。
内性器には、赤ちゃんのもとになる卵子(らんし)を育てる「卵巣(らんそう)」、卵子を子宮(しきゅう)に送る「卵管(らんかん)」、赤ちゃんを育てる部屋「子宮」、そして子宮からからだの外へつづく「腟(ちつ)」があります。

たいせつな自分のからだのことだからちゃんと知っておこうね!

女の子の性器

  • ●卵巣 らんそう

    子宮の左右にあって、親指ぐらいの大きさ。赤ちゃんのもとになる「卵子」を育てるところ。

    脳から命令をうけて女性ホルモンをつくるのもここ!

    ●卵管 らんかん

    子宮から左右にのびた10cmほどのパイプ。

    卵巣からとび出た卵子を、ラッパみたいな口でうけとめて子宮に送ります

  • ●子宮 しきゅう

    おへその下あたりにある西洋ナシの形をした器官。 妊娠すると、赤ちゃんはここで大きくなります。

    ●腟(ワギナ) ちつ

    子宮の出口から、からだの外までつづいている器官。

    このあとお話する月経血(げっけいけつ)のとおり道で赤ちゃんもここをとおって生まれてきます

だんだんおとなの男性にちかづいていきます

男の子のからだは、小学校の高学年くらいになると、男性(だんせい)ホルモンのはたらきによって、男性特有の変化がはじまります。
がっちりとした男らしいからだつきになってきて、声変わりがはじまったり、ひげがはえてきたりと、女の子とはちがう変化がおこるのです。
また、性器(せいき)が発達してきて、やがて「精通(せいつう)」をむかえます。精通とは、初めての「射精(しゃせい)」のことで、ペニスから、精液(せいえき)がとび出すことをさします。
精通は、早い人で10歳、おそい人だと18歳くらいにむかえます。はっきりと気がつかないうちにはじまる人も多いようです。

男の子の“性器”のしくみ

男の子の性器も、外から見えるところ(外性器(がいせいき))と、からだの中にかくれているところ(内性器(ないせいき))に分かれています。
男の子の性器は、「ペニス」と「陰(いん)のう」以外のすべてが内性器です。赤ちゃんのもとになる精子(せいし)をつくる「精巣(せいそう)」、精子のとおり道「精管(せいかん)」、精液をつくる「前立腺(ぜんりつせん)」などをまとめて、内性器とよんでいます。

男の子の性器

男性ホルモンもここでつくられるんだって

男性ホルモンもここでつくられるんだって

男性ホルモンもここでつくられるんだって

  • ●ペニス

    おちんちんとよんでいるところ。「陰茎」ともいいます。

    ●陰のう いんのう

    精巣が入っている袋のようなもの。

    ●精管 せいかん

    精巣でつくられた精子のとおり道。

    ●前立腺 ぜんりつせん

    精子は、ここの分泌液とまざって、「精液」となります。

  • ●精巣 せいそう

    ペニスの根元にある球形のもので、精子をつくるところ。「睾丸」ともいいます。精巣がからだの外にぶらさがっているのは、精子が熱に弱いので、体温より低く保つためです。

    ●尿道 にょうどう

    おしっこの出るところ。精液がからだの外へ出るときのとおり道にもなります。

女の子の初経と、男の子の精通。みんな、「いつ経験(けいけん)するのかな……」と、ドキドキしているところでしょうか? なかには、「もうはじまってるよ!」という人も、いるかもしれませんね。
女の子は、12歳で初経をむかえる人がいちばん多くて、次が13歳、11歳となっています。でも、早い人は9~10歳、おそい人は16歳くらいと、人によってかなりちがうものです。
精通をむかえる男の子は、12歳ごろからふえはじめ、13歳でむかえる人が、いちばん多くなっています。ただし、早い人は10~11歳、おそい人は18歳くらいと、こちらも人によってずいぶん差(さ)があります。また、男の子の場合、「いつ精通をむかえたか、はっきりとはわからない」という人も多いようです。
初経や精通だけでなく、いろいろなからだの変化は、とても個人差(こじんさ)が大きいものです。人とくらべて、あせったり、心配(しんぱい)したりしないでください。

そしてもちろん、「おとなになる」ということは、初経や精通をむかえることだけをさすのではありません。ですから、毎日いろいろな経験をつみかさねて、少しずつ、心もすてきなおとなになっていってほしいと思います。

からだのノート

ページ先頭へ戻る