赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

健診の気がかり

頭囲が大きいと何が心配?

健診で頭が大きいと言われました。今のところ、母子手帳の折れ線グラフ内ではありますが…。(匿名希望 3カ月)

頭囲の測定は健診で毎回行なわれますが、これは頭囲が極端に小さいことから疑われる「小頭症」という病気をチェックしたり、逆に頭囲が大きいことから疑われる「大頭症」という病気を診ているからです。
月齢や身長に対して極端に頭囲が大きい場合に心配される病気には、「水頭症」といって、頭の中の髄液が作られる量と吸収のバランスが悪くて起こる病気があります。また、ごくまれですが「脳腫瘍」が原因で頭囲が大きくなることもあります。
 
これらの異常はめったにないことですが、頭囲が徐々にグラフから逸脱してくる場合には注意が必要なので、医師は慎重に経過を診ます。この赤ちゃんの場合、多少頭が大きいというだけで、グラフの正常範囲内とのことですから、おそらく心配のないものでしょう。
頭の大きさや形には遺伝的な要素もあります。お父さんかお母さんの頭の大きさはどうでしょう。赤ちゃんは、たいていどちらかに似ます。両親のどちらかも頭が大きめであり、赤ちゃんの頭囲が母子手帳のグラフの目安のラインに並行して大きくなっているのなら、多少大きめでも心配いりません。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top