月に1度の新習慣!
オシッコチェックの方法

排泄物は健康のバロメーター。月に1度は愛猫のオシッコを見てみよう!

猫のオシッコには健康情報がたっぷり含まれています。毎日のトイレ管理は、掃除だけでなく、貴重な健康チェックのチャンス!普段の状態を知っていればこそ、異変にも早く気づいてあげられるもの。最低でも月に1度は、オシッコ(液体)そのものをチェックする習慣をつけましょう。

※愛猫の普段のオシッコの状態を知るために、最初の1ヶ月は週に1度チェックすることをお勧めします。


< STEP 1 >
自宅でオシッコを採る


自宅での採尿は、いくつか方法があります。トイレの形態や愛猫にあわせた方法でチャレンジしましょう。

●スノコ式トイレトレーで簡単に

「ニャンとも清潔トイレ」は、引き出し部にシートを敷かずに使用すると、チップを通過した尿が引き出し部にたまり、猫にストレスを与えずに簡単に採尿ができます。1日の尿量も把握することができます。
※採尿するときは、新しい「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」に交換してからお使いください。

●お玉で採る

お玉状のものを利用。トイレで猫がオシッコの体勢になって腰を落とした瞬間に、後ろからお玉をおしりの下に差し入れてオシッコを採り、容器に移し替えます。

●ビニールシートの上で採る

猫砂の上にビニールシートを敷き、その上にしたオシッコをスポイトなどで吸い取って、容器に移し替えます。


< STEP 2 >
オシッコのココをチェック


オシッコの色・量・ニオイは、食事内容、飲水量、活動量、生活環境などにより変動しますが、急激な変化が見られた場合は、泌尿器系の病気の可能性があります。

「うすい黄色」が健康なオシッコの色です。

愛猫の1日量の平均を把握しておきましょう。

多すぎても少なすぎても問題です。腎臓が衰えてオシッコを濃縮できなくなると、必要な水分まで体外に出てしまうので、水をたくさん飲む→オシッコの量が増える、の悪循環が起こります。1日の量を把握しておくことは、慢性腎不全の早期発見に役立ちます。変化に気づけるように、普段の量を知っておきましょう。

<オシッコの1日量の目安>

花王調べ

いつもと違ったら要注意。

「ニオイがあまりしなくなってよかった」なんて喜ぶのは大間違い!ニオわなくなったということは、オシッコがうすまっているということ。つまり、腎臓の機能が衰えて濃縮されていない状態で、慢性腎不全の進行が疑われます。また、「生臭い」など、普段と違うニオイがするときも注意が必要です。

あわせてココもチェック!

●飲水量の増減に注意
飲水量が減ると、オシッコが濃縮されて腎臓に負担がかかったり結石ができやすくなります。逆に、たくさん飲むようになってきたら、腎機能の低下が疑われます。飲水量の大幅な増減が見られたら早めに動物病院に相談を。

<異常な飲水量の目安>

監修:渡邉俊文先生(麻布大学 腎・泌尿器科)

<飲水量の量り方>

計量カップを使って、与えた量と残っている量の差を出すと飲水量がわかります。

●こんな様子が見られたら、オシッコの病気を疑って!

・いつもと違う場所でオシッコをする
・頻繁にトイレに行く
・トイレに行ってもオシッコが出ない
・トイレにいる時間が長い
・オシッコをしながら痛そうになく
・おなかや陰部をしきりになめる


< STEP 3 >
ダイアリーに記録


オシッコの色・量・ニオイ、飲水量や行動など、気づきを定期的に記録しておくことで、愛猫のちょっとした変化に気づきやすくなります。

いつもと違うと感じたら、早めに動物病院で診察を受けてください。

年に1度は動物病院で
定期検診を

健康であっても、年に1度は動物病院に尿を持参し、尿検査をしてもらいましょう。

動物病院で定期的にくわしく検査することで、病気の早期発見につながります。尿を持っていく場合は、採尿の方法や尿の状態、普段の行動について獣医師に説明してください。自宅で採尿することで、猫ちゃんに負担をかけずに尿検査することができます。その際、自宅でのオシッコチェックを記録したダイアリーを持参していただくと、獣医師にとって大変参考になります。

オシッコを採るのが
\ 難しいと感じる方は… /

成功率の高い猫用システムトイレでの採尿がオススメ

チップ(砂)、シート(吸収体)、スノコ式専用トレーの3つで使うトイレです。尿はチップを通過し、シートで吸収されます。
※採尿するときは、新しい「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」に交換してからお使いください。

1)尿をためる
引き出し部にシートを敷かずに使用し、オシッコをためる。

2)尿をチェック
色や量をより正確に把握したい場合は、計量できる容器等に移し替える。

Page Top