くらしの現場レポート

消費税10%まであと1年
買い物も節約も自分の暮らしに合わせて見直しを

2018.10.05  |  生活スタイル

【くらしの現場レポート】買い物も節約も自分の暮らしに合わせて見直しを

2014年に実施された消費税5%から8%への増税後には、家計への負担増に戸惑いながらも、買い物では節約しつつ楽しい時間も大切にする「メリハリ家計」で堅実に暮らす女性たちの姿を報告しました(くらしの現場レポート『消費税8%から1年後の購買行動 「メリハリ家計」継続で、堅実に前進』より)。そして、今、8%から10%への増税を前に、彼女たちは、その影響や対策におもいをめぐらし始めているようです。

いずれはやってくる増税、でも時期まで知っていたのは約半数

消費税10%への引き上げ実施予定は2019年10月。 2018年4月時点で、その時期を「知っている」と答えたのは、既婚女性の約半数でした。

増税前に「冷蔵庫と洗濯機を買いたい」「夫は駐車場の屋根を付けたいと言っている」という声がある一方で、これまでに消費税が段階的に上がった経験からか、消費税が10 %になったら「必要なものしか買わなくなる」「セール時にまとめて買う」など買い方を変化させたり、「高額品」「嗜好品(菓子等)」などを買い控える、「10,000円買ったら消費税が1,000円になるからいっそう気になる」「1,000円以上の買い物は慎重になる」という声も聞かれました。

■消費税8%から10%への増税についての認知状況

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

前回の増税時の買い物を振り返ってみると…

2014年の消費税8%への増税時を振り返ってみると、増税の前に「前倒しで購入をした人」は約半数で、最後の一週間にあわてて駆け込み買いをした人も目立ちました。

前倒しで買ったものの多くは食品・日用品で「いつも使っているもの」が中心でした。日用品を前倒しで購入した人の85%が「購入して良かった」と答え、前倒しで購入しなかった人も75%が「購入しなくて良かった」と答えており、どちらも自分のとった行動を肯定的に受け止めていました。

ただ、前倒しで購入した人の中には、あわてて予定以上に買ってしまったことを反省している人も少なくありませんでした。

首都圏在住20~60代既婚女性 500人
2014年7月(花王 生活者研究センター調べ)

ネットやスマホの利用で、買い物や節約にも新たな工夫

前回の増税からこの4年間は増税だけでなく、原材料の高騰などを受けて食用油、コーヒー、パン、ヨーグルト、調味料など、生活必需品の値上がりもあり、家計の負担がじわじわと高まりました。その一方で、買い物環境では、ネット通販の普及や中古品(リサイクル)の一般化、便利なスマホアプリの登場などにより、買い物や節約にもさまざまな工夫や変化がみられました。

例えば、定番の日用品などはネットの定期便や、ネットで割安になる額までまとめて購入したり、なかには、翌日届くものは買い置きをしないですっきり暮らすという人もいました。ネット購入という選択肢が増えたことで「運ぶ手間や買い物時間」もコストに換算して、自分たちの暮らしに合った買い方を選ぶ様子がみられました。
 
リサイクルも、ネット上のフリーマーケットに参加できるアプリを使って、子どものイベント用の服を格安で購入し、不要になったら売るなど気軽に売買できるようになりました。

注文すれば翌日届く、場合によっては当日に届くから本体と詰替え一つだけ。
(30代既婚女性)

子どもの入園式のブランドスーツ(2~3万円)はフリマアプリで2~3千円で購入。サイズアウトしたらフリマアプリで売る。
(20代既婚女性)

他にも「スマホで家計簿アプリをつけるようになり固定費を見直せた!(30代既婚女性)」という声や、「買い物でポイントをためて、子どもが喜ぶレジャーチケットに交換(30代既婚女性)」など、自分たちの暮らしや価値観ににあったさまざまな工夫を取り入れ「消費しながら上手に節約」しているようでした。

この1年を準備期間として、暮らしを見直してみては

増税までいよいよあと1年。前回を振り返ると増税直前に「焦って」「つい店頭でつられて」など計画的ではない買い物もみられました。自分の場合はどうだったかを振り返り、良かったこと、悪かったことを洗い出してみると、次回に活かせるのではないでしょうか。

増税前に家計の見直しをしたいと思うなら、この1年を使って「家計のなかの要、不要の見極め」「暮らしのなかで大切にしたいこと」などを冷静に考えてみることが大事です。また、自分の暮らしに合うアプリやサービスなどを試しに使ってみるのもいいかもしれません。

もし前倒しで買い物をするとしても、何をどのくらい購入するかあらかじめ考えておくなど、これまでの経験や反省を活かして計画的に準備を始めておくことが大切だと思われます。

調査概要

「消費税増税前後の生活者調査」
◎2014年3~4月/インターネット調査/首都圏在住20~60代既婚女性/500人
◎2014年7月/インターネット調査/首都圏在住20~60代既婚女性/500人

「増税意識定量調査」
◎2018年4月/インターネット調査/首都圏在住20〜60代既婚女性/500人

「暮らしと購買行動についての調査」
◎2014年4~7月/訪問インタビュー/首都圏在住女性/11人
◎2015年4月/訪問インタビュー/首都圏在住女性/8人
◎2016年4月/訪問インタビュー/首都圏在住女性/8人
◎2017年7月、9~10月/訪問インタビュー/首都圏在住女性/16人

Page Top