達人コラム

【体験レポ】かわさきエコ暮らし未来館
体験しながら学んだ“今すぐできるエコな暮らし”   

2018.06.19 | 生活スタイル

【達人コラム】【体験レポ】かわさきエコ暮らし未来館 体験しながら学んだ“今すぐできるエコな暮らし”

節水、節電、ごみ削減など、地球環境のために、そして子どもたちの未来のために、暮らしの中でできる環境・エコ行動にはさまざまなことがあります。けれども、「何をしたら良いかわからない」「自分の取り組んでいることは効果があるのか」と感じている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、身近な環境・エコ行動について学ぶことができる体験型環境学習施設「かわさきエコ暮らし未来館」(神奈川県川崎市)を、花王生活者研究センターの研究員が見学。体験と学びから得た「今、私たちにできること」をレポートします。

環境・エコ行動を体験しながら「自分ごと」として楽しく学ぶ

「かわさきエコ暮らし未来館」のコンセプトは、見て・聞いて・触って学べる体験型環境学習施設。【地球温暖化チャレンジゾーン】【再生可能エネルギーゾーン】【資源循環チャレンジゾーン】の3つのテーマで展示され、映像を駆使したゲームなどにチャレンジしながら、環境を守るためにはどうしたら良いのかを具体的に学ぶことができます。自分が日頃、暮らしの中で何気なくおこなっている習慣や行動を省みるきっかけになりました。

地球が直面している問題から家庭のエネルギーの無駄づかいを見直す

  • 地球温暖化チャレンジゾーン

今、地球で起こっている温暖化と私たちの生活との関連について学ぶ

自動車の排気ガスや工場の煙など、温室効果ガスによって茶色くよどんだ地球の映像の上に手をかざすと、自転車や太陽光発電・風力発電などの環境・エコ行動によってきれいな地球の姿に戻ります。人間の活動が関与して進んでしまった地球温暖化。私たち自身の手によって元の環境を取り戻すことができるというメッセージが伝わり、地球への責任と「できることから取り組まなければ」というやる気がわいてきました。

よどんだ地球ときれいな地球

よどんでいた地球(左)がだんだんきれいになっていく(右)

地球温暖化の原因は、私たちの暮らしの中にもあります。『めざせ!エコ暮らし』のコーナーでは、家庭の中でのエネルギーの無駄づかいを「エコチェックカード」をかざして探しました。[ECO]マークが出た部分が省エネポイント。体験を通じて、うっかりやってしまいがちなNG行動を反省し、温室効果ガスを減らすために自分たちがやるべきことを再認識しました。

めざせ!エコ暮らし

『めざせ!エコ暮らし』は子どもにも大人にも大人気のコーナー

めざせ!エコ暮らし

『めざせ!エコ暮らし』は子どもにも大人にも大人気のコーナー

  • 2 

めざせ!エコ暮らし

『めざせ!エコ暮らし』は子どもにも大人にも大人気のコーナー


めざせ!エコ暮らし

『めざせ!エコ暮らし』は子どもにも大人にも大人気のコーナー


【暮らしの中の省エネポイント(一例)】

  • 水道(キッチン)

  • コンロ

  • 冷蔵庫

  • お風呂

  • 洗濯機

ものの生まれ変わりを実感し、ごみの分別と削減を意識する

  • 資源循環チャレンジゾーン

私たちのきちんと分別したごみが、再び資源となって新しいものに生まれ変わる道のりを、シミュレーションゲームや映像を通して学ぶ

使い終わった1つのものが、パーツごとに別の素材に生まれ変わることをあまり意識していなかったので、しっかり分別することの大切さを実感しました。

【再生資源への生まれ変わり】

  • ペットボトルの生まれ変わり

  • 薬の容器の生まれ変わり

資源循環チャレンジゾーン

展示台の上の家庭から出るごみにタッチすると、分別されどんな再生資源に生まれ変わるのかがわかります

資源循環チャレンジゾーン

ペットボトルの例(本体とラベル・キャップに分別され、透明ペレット、有色ペレットに)

資源循環チャレンジゾーン

ペットボトルの例(本体とラベル・キャップに分別され、透明ペレット、有色ペレットに)

資源循環チャレンジゾーン

ペットボトルの例(本体とラベル・キャップに分別され、透明ペレット、有色ペレットに)

資源循環チャレンジゾーン

ペットボトルの例(本体とラベル・キャップに分別され、透明ペレット、有色ペレットに)


資源循環チャレンジゾーン

ペットボトルの例(本体とラベル・キャップに分別され、透明ペレット、有色ペレットに)


また、ごみの分別によって生まれ変わった再生資源から製品が作られる工程も知ることができました。
ペットボトルの本体は、リサイクル工場へ運ばれ洗浄・裁断されペレットになった後、さらに糸状に加工されてスポーツウェアに変身。ウェアの原料の50%以上にペットボトルが使用されていることもわかり、予想以上の割合の高さに驚きました。また、ペットボトルから作られた繊維が制服にも使用されていることは知らなかったので、知識が深まりました。

再生の道のり

ペットボトルからスポーツウェアへ 再生の道のり

再生の道のり

ペットボトルからスポーツウェアへ 再生の道のり

再生の道のり

ペットボトルからスポーツウェアへ 再生の道のり


再生の道のり

ペットボトルからスポーツウェアへ 再生の道のり


再生の道のり

ペットボトルからスポーツウェアへ 再生の道のり


再生の道のり

ペットボトルからスポーツウェアへ 再生の道のり


資源循環の道のり

資源循環の道のり


詳しく紹介された展示から、資源循環の基本、リデュース(Reduce)/リユース(Reuse)/リサイクル(Recycle)の3Rと、私たちがとるべき行動のポイントについても再確認しました。

【3Rの環境・エコ行動のポイント】

  • 3R リデュース

  • 3R リユース

  • 3R リサイクル

リデュース(Reduce)

  • 3R リデュース

リユース(Reuse)

  • 3R リユース

  • 3R リユース

リサイクル(Recycle)

  • 3R リサイクル

  • 3R リサイクル

この展示で学んだ情報は、すぐにでも自宅で実践できることばかり。暮らしや日頃の行動を見直す気づきをたくさん得ることができました。

峯菜々子さん

案内してくれた、アテンダント・リーダーの峯菜々子さん。
「環境・エコの考えを暮らしに取り入れるためには、無理をしないこともポイント。一度にがんばりすぎないで気づいたことから始めて継続することが重要です。ごみを捨てる時には再生のしやすさも意識してみてください。『エコ暮らし』を自分たちの生活の身近なこととして感じ、楽しみながら大切さを知っていただくきっかけになれたら嬉しいです。」

~体験を終えて〜 今からできることはまだまだたくさんある!

かわさきエコ暮らし未来館には、日頃の暮らしの中の「ちょっとした」気づきでできる環境・エコ行動の具体的なヒントがたくさんありました。ゲーム感覚で楽しみながら、体験したことを習得できているのかを確認できる「答え合わせ」の機能や、取り組むポイントをまとめたアドバイスシートも設置されているので、幅広い年代の方々がしっかり理解することができます。

これまでも、自分なりに環境・エコ行動をやっているつもりでしたが、ここでの学びを活かして、もっとレベルアップさせることができそうです。一人ひとりの行動が地球を守ることにつながっていることや、今からできる行動を再確認し、「早速やってみよう」という前向きな気持ちになりました。

施設紹介

かわさきエコ暮らし未来館

かわさきエコ暮らし未来館

川崎市の臨海部、京浜工業地帯の一角で大規模な工場などが建ち並ぶ浮島エリアにある。環境・エコ行動を学ぶことができる各種イベントも定期的に開催している。
川崎市川崎区浮島町509番-1 浮島処理センター内

Page Top