達人コラム

クリエイティブディレクター 森本容子さん
30代の美容は経験値を活かして自分らしく    

2018.05.29 | おとなの女性

【達人コラム】クリエイティブディレクター 森本容子さん 30代の美容は経験値を活かして自分らしく

アムラー世代と言われる「イマドキ30代女性」。彼女たちの美容意識について、「カリスマ店員」として当時のブームを牽引、現在は自身でブランドプロデュースなどを手がけ、ファッションとともに時代を歩んできた、クリエイティブディレクターの森本容子さんにお話をうかがいました。
※アムラー:日本の歌手・安室奈美恵さんをまねしたファッションをする人をいう。1996年に女性の間で流行し、「新語・流行語大賞」のトップテンに入賞を果たした。    

アイメイクはその人の印象を演出する必須アイテム

くらしの現場レポート『ありたい自分を大切に アイメイクにこだわる30代女性たち』を興味深く読みました。今の30代は高校時代から20代にかけてギャル文化の全盛期を経験した人たちです。当時、私はそのど真ん中にいて、ギャルに人気の「渋谷109」のショップ店員として、厚底ブーツや白メッシュなどブームを仕掛ける側。レポートに登場した皆さんに共感する部分はたくさんあります。
 
例えば、アイメイクへのこだわり。実は私はメイクへの関心はあまり高いとは言えません。でも、20代の頃は、メディアで取り上げてもらう機会も多く、アイメイクさえしっかりすれば、ちゃんときれいにしているように見えて印象も変わるので、それだけはきちんとするように心掛けていました。
ファッションの世界にいると、やっぱり人は見た目が大切だと思うのです。どんなに性格が良くてもその良さを知るには時間がかかるので、イメージは第一印象で決まってしまいがち。だったら盛れるものなら盛った方がいいと思って。目は他のパーツと比べて盛りやすかったのです。
 
今の30代の皆さんは、10代の頃からそうしたアイメイクをしっかりやってきたので、自分なりのこだわりもあって、手際よく上手にメイクしている印象を受けました。    

森本容子さん

ちょっと力が抜けているように見えるくらいがカッコイイ

30代のメイクやファッションは、いつまでも「モテ期」でいたいと思う人と、そこに早々に見切りをつける人とに分かれると思います。私自身は後者。もともと甘い感じのかわいいファッションが得意ではないのでカジュアル系が中心なのですが、Tシャツにパンツでも「いかにかわいく見せるか」は意識しています。
 
30代で気を付けたいのは、年齢とともに自分に合ったメイクやファッションは変わっているということ。今まで積み上げてきたメイクを捨てるのは、けっこう勇気がいることですが、ファッションはイマドキなのに、メイクとヘアは20代のまま変えられない人を見かけると少し残念に思うことがあります。いつまでも若く見られたいという気持ちは誰にでもありますが、実年齢よりも2歳ぐらい若く見られればラッキーと思っている人たちのほうが同性からは素敵に見えるように、私は感じています。気合いを入れていても、ちょっと力が抜けた感じに見えるとカッコイイですよね。
 
20代の頃からいくつかのブランドの立ち上げやプロデュースに関わってきましたが、今、力を入れているブランドでは、一見力が抜けているようでいて、スタイル良く見えるコーディネートを提案しています。    

おしゃれを楽しむには他人のアドバイスも大切に

20代の頃は、ファッション系の取材で同年代の皆さんにメッセージを求められると、「自分に似合うものを探して」と言っていたのですが、30代になると、皆さん、既に自分の好きなもの・似合うものを知っています。レポートの中で「ありたい自分」という言葉が出ていましたが、自分なりのこだわりもあり、本人の雰囲気と服とがとても良くマッチしているおしゃれ上手な人が多いと思います。
 
それでも、新しい服にチャレンジするときには、信頼できる人に見てもらうことはとてもいいと思います。自分が気に入っていて、他人からも似合うと言われることも大切なポイントなので、私も迷ったら信頼できる友人にアドバイスをもらっています。    

これまでの経験を活かしてどんどんチャレンジしよう

私はレポートに登場した皆さんよりも少し先輩で40代になったばかりなのですが、私自身20代は慌ただしく、30代、特に37、38歳でいろいろ迷うところもありました。今は働き方を見直して少し身軽になり、自分の好きなことをやろうと新しいスタートを切ったところです。
 
自分の経験から言えることは、目標を持ってがんばっても、実ることもあれば実らないこともあるのが当たり前。だから、思い通りにならなくてもそんなに落ち込まなくて大丈夫です。もし何か新しいことを始めたいと思ったら、これまで積み上げてきた経験で、たいていのことはどうにかなるので、やってみる方がいいと思います!
 
ファッションも同じで、自分に似合うものをみつけて好きなものを着る。もし憧れている服やスタイルがあるならば、それが似合うように自分自身を変えてみることもいいですね。ファッションもメイクも、怖がらずにチャレンジしてみてください。

Profile

クリエイティブディレクター 森本容子さん

株式会社YOCO MORIMOTO DESIGN OFFICE クリエイティブディレクター
森本容子(もりもとようこ)さん

1977年生まれ。数々のブランドの販売員を経て、「EGOIST 渋谷109店」ではカリスマ的な人気を誇る。2004年、大人の女性のためのラグジュアリーカジュアルを提案するブランド「platinum moussy(プラチナムマウジー)」を立ち上げ、代表取締役に就任。 05年11月独立。06年、「KariAng」「Banker」「DreAng」などのブランドをプロデュース。09年、YOCO MORIMOTO DESIGN OFFICEの名を冠したプロジェクト「Y.M.D.O.」をスタート。他社ブランドへのアドバイス、ファッションのカテゴリーを越えた異業種とのコラボレーションや、テレビ・雑誌などのメディア出演なども数多くこなす。

Page Top