発表! みんなのアンケート

読者8,287人の声
家計の把握はどうしてる?節約したいところ、したくないところ

2019.09.03

Q.家計の把握はどのようにしている?

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

Q.節約したい・削りたいと思っている支出は?

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

家計の把握方法としては、男女とも「銀行の通帳」「家計簿(紙、ノートなど)」「クレジットカードの請求明細」が上位にあがりました。既婚男性では「配偶者、家族に任せている」が2割という結果でした。
 
また、節約したい・削りたい支出の上位にあがるのは、男女ともトップは「光熱費・水道代」、次いで「食費」「通信費」でしたが、「食費」を節約したい割合は、女性の方が男性に比べ17%高く半数を超えました。

みんなのひと言

他は削っても、ここだけは削りたくない!

子どもやペットへは惜しみなく

子どもの教育費(習い事)。本人が夢に向かい頑張っている姿を見ると、親として自分のものを削ってでも応援したいと思う。遠征費などかかるが、頑張っているので。 (39歳・女性/パート)

ペット費。通院したり、療法食を食べさせたりで費用がかかるが、飼い主の責任として、今飼っている高齢の愛猫だけは最後まで看取ってあげようと思う。 (52歳・男性/会社員)

食費です。今は育ち盛り真っ只中の三兄弟がいる。健康な体に成長させてあげたいので、とにかく食べ物にはこだわり、お腹いっぱい満たしてあげたい。 (32歳・女性/専業主婦)

子どもやペットへは惜しみなく

旅行や趣味、ストレス解消は、自分へのご褒美!

家族で外出するときの娯楽費は惜しみたくない。特に旅行先での食事やお土産などは思い出になるので、その部分は少し贅沢したい。 (43歳・女性/専業主婦)

友達とのランチです。これは唯一のストレス発散なのでこれを無くしては生きていけません。でも決して高級な場所ではなくファミレスです。 (49歳・女性/パート)

晩酌代だけはそっとしておいてほしい。一番安い焼酎を水道水で割って呑む。なんだか最後の抵抗というか砦です。 (57歳・男性/自営業)

趣味のアイドルのコンサート代!ストレス発散になって生きがい!これを我慢してしまったら、ストレスで他のものを爆買いしてしまいそう! (32歳・女性/会社員)

旅行や趣味、ストレス解消は、自分へのご褒美!

「見た目」への支出も大切

化粧品は、高い物を使ってるわけじゃないけど、あまり削りたくない。毎日の育児で子供に汚されるから、いい洋服も買わないし、食べたい物を買いに行く時間も食べる時間もほとんどない。だから、自分の化粧品だけはしっかり選んで買いたいです。 (35歳・女性/パート)

夫の外出着。夫に任せていると、会社のスーツやハンカチ、休日の服や靴などは、古くなった物をずっと着ていたりする。外に出る時は、それなりに見栄え良くしてあげたい。 (38歳・女性/専業主婦)

美容院とヘアケアです。くせ毛なのが子供の頃からのコンプレックスです。なので、美容院も少し高いですが、しっかりと縮毛矯正したり、自分のくせを見ながらカットを心がけてくださるので、削りたくないです。 (54歳・女性/専業主婦)

美容院代です。そんなに頻繁には行っているわけではなく、容姿はきちんとしておきたいと思っています。1人でゆっくり雑誌を読み、シャンプーをされ・・・リラックスできる時間は大事だと思っています。 (41歳・女性/専業主婦)

「見た目」への支出も大切

Page Top