チーム(みんな)で力をあわせること。モノを動かすということ。


先輩社員の声

工藤 紗紀
  • Special column|5人の先輩社員がホンネで語る!|仕事のこと。会社のこと。そして皆さんへの応援メッセージ。
  • 限られた時間で多くの人を動かし成果を上げていく。そのための的確な判断・指示を現場管理の私が担っている。その責任が、大変さとともに、やりがいにつながります。
  • #01|工藤紗紀 saki kudo|2010年入社 運営部門  首都圏1グループ  岩槻LC

colmun01|教えてください、現場管理のおしごと。|現場のメンバーの作業指示を担う、現場管理。

工藤 紗紀  私が紹介するのは出荷作業の現場を管理する仕事です。
 現場管理の仕事を簡単に説明すると、数十人いる現場のメンバーに指示を行い、作業の進捗を管理することが主な仕事になります。そのためには人員についての「勤務計画」、作業をスムーズに行う「作業計画」など事前の計画をきちんと立てておかなければなりません。
 しかし計画通りに作業が進むとは限りません。様々な制約がある中で、メンバーの安全と高いレベルの物流サービスを維持しつつ、現場で的確な判断と指示を行うことが要求されます。
 花王ロジスティクスは、パートの方々を始め、多くの人によって支えられている会社です。多くの人の作業を滞ることなく進めていくためには、現場の管理者が、常に全体を把握し、先を見越したうえで、様々な角度から現場を見ていくことが大切です。
 現場の管理者には衛生管理者、危険物取扱者などの資格も必要となります。適切な判断をするためには経験だけでなく幅広い知識も要求されるからです。

colmun02|どんなとき、やりがいを感じますか?|自分の判断が現場を大きく左右する。その責任が「やりがい」に。

工藤 紗紀  私の作業指示が的確かどうかで作業の終了時間が大きく左右されます。もし誤った判断をしてしまった場合にはお客様をはじめとして多くの人に迷惑がかかります。だからこそ、的確な指示が出せて現場がスムーズに動き、その成果が表れたときにはとても大きな達成感を味わうことができます。
 自分の判断が現場を大きく変える。若いうちからこのような責任を与えてくれることに「やりがい」を感じています。

colmun03|就職を考えているみなさんにメッセージを!|多くの人と一緒に仕事をしたいという人には、最適の環境があります。

工藤 紗紀  花王ロジスティクスの仕事は、人によって支えられています。だからこそ、人をとても大事にしていると感じます。また、現場では多くの人とコミュニケーションを図りながら仕事を進めていきます。多くの人と一緒に仕事をすることが好きという人には、とても面白い会社だと思います。また、若いうちから責任を与えられるだけに、やりがい、達成感もしっかりと味わうことができます。
 花王ロジスティクスには、入社後半年間の研修期間があります。半年間の研修で、拠点内の全部署における仕事を経験することができるので、未経験の人でも、ゆっくりと確実に、基本からしっかりと学ぶことができる環境があります。そして誰にでもチャンスが与えられる会社です。
 就職活動は楽しいことばかりではありませんが、フィーリングを大切にして頑張ってください。そしていつの日か、花王ロジスティクスでお会いしましょう!

先輩社員の声

「物流センターで働く」って、どんな感じ

2014年度 新卒採用エントリー
エントリーはこちら

RSSについて