くらしの現場レポート

我が家の掃除は大丈夫?
「見た目キレイ」なキッチンも要注意!

2017.05.23 | 生活スタイル

【くらしの現場レポート】我が家の掃除は大丈夫? 「見た目キレイ」なキッチンも要注意!

梅雨も近づき、温度も湿度も高くなる季節は食中毒が気になります。2017年1月の『くらしの現場レポート:家族の健康を守るため キッチンの意外な汚れに注意!』では、キッチンの蛇口の取っ手や手拭きタオルは菌による汚染度が高いものの、菌を意識した掃除やタオルの取り替えがあまりされていないことをレポートしました。今回は、掃除をしていても仕方によって菌の汚染度に大きな違いがある実態を報告します。

キッチンのふだんの掃除、どのようにしていますか?

ふだんの調理台の掃除についてチェックしてみましょう。

チェックマーク 調理台は水拭きだけで済ませることが多い
チェックマーク 食卓や調理台は汚れが目立ったら掃除する
チェックマーク 食卓と調理台を同じ台ふきんで拭いている
チェックマーク キッチンの手拭きタオルは毎日取り替えない

「あるある」と思った項目はありましたか?
1つでもチェックがついたら要注意!

キッチンのふだんの掃除、どのようにしていますか?

「見た目がきれいならば清潔」と思っている人は4割

調理台について、「目に見える汚れがなければ清潔だと思いますか?」とたずねたところ、約4割が「そう思う」「ややそう思う」と回答。見た目がきれいならば衛生的であると捉えている人は少なくありませんでした。しかし家庭内の菌汚染実態を調べてみると、特にキッチンや浴室などの水周りは、菌による汚染度が高いことがわかりました。

■目に見える汚れがなければ清潔だと思いますか?

目に見える汚れがなければ清潔だと思いますか?

20~60代 既婚女性 3,810人
(花王 生活者研究センター調べ)

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

■家庭内の菌汚染実態

家庭内の菌汚染実態

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

今回、生菌数の目安として、少ない(103CFU未満)、やや多い(103以上~105CFU未満)、多い(105CFU以上)を文献等を参考に設定しました。CFUはコロニーの数を示し、単位は拭取り検体あたり(CFU/10ml)。
※Ojima, M., et al. "Hygiene measures considering actual distributions of microorganisms in Japanese households." Journal of Applied Microbiology 93.5 (2002): 800-809.

掃除の仕方によって菌による汚染度に違いあり

調理台の菌の拭取り検査では、掃除の仕方によって菌の汚染度に大きな違いがみられました。「水拭きだけでは落とせない油汚れやバイ菌まで落としたい」と、洗剤を使って掃除している家庭は菌の汚染度が低い傾向でした。一方、目立つ汚れは拭き取っていても、水拭き中心の掃除をしている家庭では汚染度が高い傾向でした。

■生菌数測定結果【調理台】

事例1)洗剤を使っている家庭

事例1)水拭き掃除をしている家庭

2016年4月~6月(花王 生活者研究センター調べ)
※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

しっかり汚れを落として、除菌することが大切

菌の量が多ければ病原菌や食中毒菌なども相対的に多くなると考えられ、リスクが高まります。菌の増える要素は「水分・温度・栄養」。汚れが残っていると菌の栄養となり、高温多湿が重なるとあっという間に増えるため、より注意が必要です。せっかく掃除をしていても水拭きだけでは汚れを落とし切れません。台所用洗剤などを使って、汚れをしっかり落とすことが重要です。調理器具やシンクまわりの除菌もしておきましょう。食中毒予防のためにも、見えない汚れまで落とす掃除を日常的に行うことが大切です。食材を扱うキッチンの衛生には、気をつけたいものです。

健康を守るため、手洗いの「前後」も清潔に

調査概要

「家庭内の衛生環境調査」
◎2016年4~6月/インタビューと拭取り検査/首都圏在住30~60代既婚女性/14人
◎2016年6月/拭取り検査/首都圏在住30~60代既婚女性/30人

「くらしの研究 読者アンケート」
◎2017年3月/インターネット調査/20~60代既婚女性/3,810人

Page Top