Check
Share to Facebook Share to Twitter More...


ロリエpresents 子宮頸がんセミナー

みなさんは、「子宮頸(けい)がん」をご存知ですか? 10代、20代女性の間で、今とても発生率が高まっているがんの一種ですが、唯一予防ができるがんでもあります。ところが、世界の中でも日本人女性の子宮頸がんに対する危機感はとっても低いのです。さらに、子宮頸がんの発生率が高まる18歳〜26歳の女性を対象としたアンケート調査によると、アメリカでは72%の人が検診を受けているのに、日本で受診したことがある人はたったの9%。この数字に、ドキッとした人も多いのではないでしょうか。
「私はきっと大丈夫……」なんて思わずに、まずは全ての女性たちに「子宮頸がん」についてよく知ってほしい。そんな想いからロリエは、ジュノ ウィミンズ・ウェルネス銀座産院 銀座健康院 院長 対馬ルリ子先生を講師にお招きし、子宮頸がんをはじめとした女性特有の病気やその予防法についてのセミナーを開催しました。

参加してくれたのは、「ハレ女委員会」のみなさん。彼女たちは、「社会の中で『自分がキラキラできる場所』を持つステキな女性」=『ハレ女』を目指して活動中の都内大学に通う女子大生です。さまざまな経験を通じて自分たちの可能性を広げるべく、多方面で活動し、その様子は女性ファッション誌『JJ』にも連載されています。
「いつもおしゃれに、毎日を楽しい“ハレ”の日にしたい」と心がけている彼女たちは、対馬先生の話に真剣に聞き入っていました。

時代の変化とともに、女性のからだのリスクも増加

女性のからだは初経を迎えた後、18〜45歳くらいまで、いつでも子どもを産める準備が整った性成熟期に入り、やがて、更年期、老年期へと移っていきます。この「ライフサイクル」はいつの時代も変わりませんが、「ライフスタイル」は時代とともにすっかり変化しました。充分な栄養がとれ、衛生状態がよくなったことで初経を迎える年齢が早くなり、さらに、男性と同様に仕事を持って、社会で活躍するようになったために出産回数がグンと減少。その結果、月経の回数が増加し、女性特有の病気にかかる人がとても増えてしまったのです。出産回数が少なく、月経回数が多いと、月経痛や月経前症候群といった女性特有のからだのトラブルが深刻化するだけでなく、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮体がん、乳がんなどのリスクが高まります。また、性行動を開始すると、子宮頸がん発症の可能性が!そして、このリスクが急激に高まるといわれているのが、なんと20歳前後。「まだ若いから」なんて安心してはいられないのです。

女性のライフスタイルの変化

2種類の女性ホルモンがからだを守る

女性ホルモンは卵巣で作られます。男性と大きく違うのは、女性ホルモンには排卵までの期間に増加する「エストロゲン」と、排卵時から増加する「プロゲステロン」の2種類があるということ。これらが交替で大きく増減するのが特徴です。だからこそ、何らかの異常が起こったとしても、突然大病に陥ることのないよう女性のからだは強く守られています。しかし、女性ホルモンはストレスや体重変化に影響されやすく、働きが不安定になるとからだの機能が低下。自律神経失調症状などが起こりやすくなります。女性にはからだ・こころ・生活の複合的な失調が多いのです。現代では多くの女性が男性と変わらずに社会で活躍し、ゆえに抱えるストレスも少なくありません。そのため、不調に悩む女性たちも増えているはず……。
そこで、有効なのがピル。服用することで、この2種類の女性ホルモンを安定供給し、排卵を休ませるため、避妊効果はもちろんのこと、月経前症候群や月経痛の緩和、子宮内膜症の治療や卵巣がん、子宮体がんの予防効果も得られます。充分な知識がないために、ピルの服用や婦人科検診に抵抗があるという人が多いと思いますが、実はピルこそ、女性のQOL(Quarity Of Life)の改善にとても有効なので、一人で悩む前に、ぜひ専門医へご相談されることをおすすめします。

Next



Check
Share to Facebook Share to Twitter More...