オーラルケア情報

オーラルケア情報

オーラルケア情報

生えかわり期の歯みがきQ&A (6〜12歳)

生えかわり期の歯みがきQ&A (6〜12歳)

生えかわり期の歯みがきQ&A (6〜12歳)

1. 永久歯と乳歯の“ちがい”

歯のしくみはほぼ同じですが、永久歯は一生使うものなので、それだけ丈夫。永久歯のエナメル質や象牙質の厚みをはかってみると、乳歯の約2倍もあります。また、数も乳歯は20本だったのが、永久歯になると親知らずも含めて32本に。永久歯と乳歯はこれだけ大きく異なるのです。

ただし、丈夫な永久歯とはいえ、生えたての2年くらいの間はまだ弱く、むし歯になりやすいので注意が必要です。

乳歯と永久歯の構造

六歳臼歯は、5~6歳ごろに生えてくる、初めての永久歯。乳歯の奥にそっと生えてくるため、気づきにくい歯ですが、とても重要な役割があります。かみくだく力がもっとも強く、永久歯の歯並びやかみ合わせの「基本となる歯」なのです。

しかし、六歳臼歯は完全に生えるまでに約1年かかるので、その間は手前の乳歯より背が低く、ふつうのみがき方ではハブラシの毛先が届かず、とてもむし歯になりやすいのです。大切な歯だけに、以下のみがき方を参考にして、むし歯にならないように、生えはじめの小さい歯のときからきちんとケアしたいものです。

六歳臼歯が生える場所と、
上手なみがき方

生えはじめの六歳臼歯は、ふつうのみがき方では毛先が届きません。ハブラシを口の真横から入れてみがきましょう。

生えはじめの六歳臼歯は、ふつうのみがき方では毛先が届きません。ハブラシを口の真横から入れてみがきましょう。

生えはじめの六歳臼歯は、ふつうのみがき方では毛先が届きません。ハブラシを口の真横から入れてみがきましょう。

永久歯はまず「六歳臼歯」から生えはじめ、次に前歯から奥歯に向かって順番に生えかわります。11~13歳になると、六歳臼歯の奥に第2大臼歯(別名十二歳臼歯)が生えてきて、最終的にすべての永久歯が生えそろうのは13~14歳ごろです。

もっとも、順番や時期には個人差があるので、これはあくまでも目安です。1~2年のずれであれば、とくに心配することはありません。

永久歯に生えかわる時期


  • 歯の健康 基本のき

  • 乳歯期の歯みがきQ&A (0〜6歳)

  • 生えかわり期の歯みがきQ&A (6〜12歳)

  • 歯みがきカレンダー

  • 小さなお子様向け クリアクリーンキッズ

  • 小学生向けコンテンツ 歯みがきたんけん隊

  • クリアクリーン 製品ラインナップ

  • 守ろう!あなたの永久歯

Page Top