colum_main2_lg

colum_main2_lg

colum_main2_sm

家族みんなの笑顔のために ニオイ解決ナビ

家族みんなの笑顔のために ニオイ解決ナビ

家族みんなの笑顔のために ニオイ解決ナビ

  • すべて

    すべて

    すべて

  • くらしのアイデア

    くらしのアイデア

    くらしのアイデア

  • 介護現場のおやくだち

    介護現場のおやくだち

    介護現場のおやくだち

オンラインショップ

オンラインショップ

オンラインショップ

くらしのアイディア

投稿日:2020年07月15日

便・尿や嘔吐物がついた衣服の洗たく方法とは

line_idea

idea_0715

介護の現場では毎日たくさんの洗たく物が出ますが、その中でもとりわけ大変なのが便や尿、嘔吐物などで汚れてしまった衣服やシーツなどの洗たくです。特にご自宅で介護をしている場合には、汚物のついた洗たく物を家庭用洗たく機で洗うことに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、便や尿、嘔吐物がついた衣服を衛生的にきれいに洗たくする方法について、注意点やポイントを詳しくご紹介していきます。

便や尿がついた衣服を洗たくする際の注意点

介護の現場で出る洗たく物の中でも、便や尿、嘔吐物などで汚れてしまった衣服やシーツというものは、他の一般的な洗たく物とは違って取り扱いに注意が必要です。まず大切なのが、必ずゴム手袋を着用するということ。ゴム手袋は、汚物のニオイが付着しないようにするためだけではなく、感染症などを引き起こす菌に触れないようにするためにも欠かせないものです。

特に、被介護者がノロウイルスなどに感染していた場合には、便や嘔吐物にも大量のウイルスが存在している可能性があるため必ずゴム手袋を着用し、ゴム手袋を外した後も入念に手洗いと消毒を行いましょう。

また、ノロウイルスに感染している被介護者の嘔吐物や便が付着した衣類やシーツなどは、洗たく機を介して他の衣類にウイルスが付着してしまうこともあるため、洗たくではなく処分をした方が安心です。

どうしても洗たくをしなくてはいけない場合には、まず洗面器などの容器に洗剤を入れた水のなかで下洗いをした後、85度以上・1分間以上の熱水洗たくを行うか、塩素濃度約200ppm以上の次亜塩素酸ナトリウムでの消毒を行いましょう。また、下洗いをしたバケツや洗い場も必ず次亜塩素酸ナトリウムを使って消毒しなくてはいけません。

便や尿がついた衣服の洗たく方法

在宅介護をする中で、多くのご家族を悩ませる排泄の失敗。身体機能が衰えて思うように体が動かせなくなった方や、認知症の方にとって排泄の失敗は仕方のないことですが、お世話をするご家族にとっては精神的にも大きなストレスとなってしまうこともあります。

特に、排泄の失敗によって便や尿で汚れてしまった衣類などを洗たくすることは、介護をはじめたばかりの方にとっては決して簡単なことではありません。その負担をできるかぎり軽減するためにも、まずは汚物が付着した洗たくの手順をおさらいしておきましょう。

① 固形物を取り除く

洗たくする衣類やシーツなどに嘔吐物や便などの固形物が付いている場合には、洗う前にティッシュなどで取り除き、他の洗たく物に汚物が付着するのを防ぎましょう。便が付着している場合にはトイレットペーパーやトイレに流せるティッシュペーパーなどで便を取り除き、そのままトイレに流します。普段から使わなくなった布などをストックしておけば、固形物を取り除く下拭き用に使うことができ、使用後はそのまま捨てることができるのでおすすめです。

② ぬるま湯、もしくは水で手洗いをする

固形物を取り除いたら、次は下洗いをしましょう。お風呂場や洗面所などで洗うことに抵抗がある場合には、バケツにぬるま湯をためてすすぎ洗いをしましょう。この方法であれば、洗い終わった水をトイレに流すことができるので便利です。

③ つけ置き洗いをする

②である程度の汚れが取れたら、次はつけ置き洗いをします。バケツなどに40度以下のぬるま湯を貯め、酵素入り洗たく洗剤と酸素系漂白剤を入れてよく混ぜ、衣類を入れておきます。1、2時間ほどつけ置きしておくことで、汚れやニオイを落とすだけでなく除菌をすることができます。同じく除菌ができるものに塩素系漂白剤がありますが、塩素系漂白剤を薄めたものに衣類をつけおくと、色落ちしてしまうことがあるため避けた方が良いでしょう。

④ 洗たく機で洗う

つけ置き洗いが終わったら、あとは洗たく機でいつものように洗たくしましょう。介護施設などでは汚物用とそれ以外の洗たく物とで洗たく機を分けているところもありますが、酵素入りの洗たく洗剤と酸素系漂白剤をお使いの場合には、他の洗たくと一緒に洗ってしまっても特に問題ありません。

⑤ 洗たく後は天日干しにする

洗たくが終わったら、できるだけ早く取り出して干しましょう。室内干しでも問題ありませんが、短時間でも太陽の下で天日干しにすることで、洗たく物がカラッと乾くだけではなく、嫌なニオイもつきにくくなります。

便や尿がついた衣服を洗たくするときにおすすめの洗剤

尿のニオイというのは、一般的な家庭用洗たく洗剤でニオイがなかなか落ちにくい場合があります。
しっかりと洗浄・消臭するためには、尿臭に効果的な洗たく洗剤を使いましょう。
花王の「アタック消臭ストロングジェル」なら、汚れ落ちが良いだけではなく、尿臭ブロッカーの働きで尿臭をしっかりブロックし、洗たく物のニオイ残りを防ぐことができます。
介護の現場で気になる尿臭だけでなく、体臭などにも効果があるのでおすすめです。

在宅介護で、便や尿、嘔吐物などがついた衣服を洗たくする場合には、ぜひ上記でご紹介した内容を参考にお試しください。

花王の消臭ストロングは、洗たくの際に使用することで尿臭・体臭を著しく抑える効果が期待できます。特に配合されている『尿臭ブロッカーEX』により、介護現場のケアマネージャーも驚くほどの消臭効果が期待できます。

花王では、尿臭にも効果が高い「消臭ストロングシリーズ」の消臭スプレー「リセッシュ除菌EX消臭ストロング」を取り扱っています。ぜひそちらの導入もご検討ください。
介護に関するニオイにお悩みの場合には、上記でご紹介した内容を参考にして対策をしていきましょう。

bnr_blkex1_lg

bnr_blkex1_lg

bnr_blkex1_sp

消臭ストロングシリーズ商品ラインナップ

消臭ストロングシリーズ商品ラインナップ

消臭ストロングシリーズ商品ラインナップ

Page Top