赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

健診の気がかり

股関節脱臼かもしれない

先日の健診で、股関節を触りながら「ちょっと左がなあ。たぶん大丈夫でしょう。お腹の中で足をのばしていたのかなあ」と言われびっくり。産婦人科ではそのようなことを言われたことがなかったから驚いてしまいました。もし「股関節脱臼」なら、どうなってしまうのでしょうか。早めに病院に行ったほうがいいのか、その場合、小児科と整形外科のどちらを受診すべきですか。現在足は動きます。(サンパ 4カ月)
 
脱臼はしていないが右足が硬いみたいです。なので左足が少し長いと言われました! 小児科では、普通1歳までには治ると言われましたが…。(ぷーさん 6カ月)

「股関節脱臼」とは、大腿骨の骨頭が、受け皿である骨盤の臼状のところ(臼蓋)からはずれてしまうもので、健診の重要なチェックポイントの1つです。
脱臼した側の股関節は開きが悪く、膝を立てたような状態だったり、そうでない側に比べて足の長さが長く見えたり、太もものしわの数が違って見えます。新生児期からはっきりわかる場合もありますが、3~4カ月頃から判明することもあります。
 
生まれつきの場合もありますが、股関節がはずれやすい傾向があって、抱き方やおむつのあて方ではずれやすくなる場合もあります。赤ちゃんは足をガニ股に開いて、ちょうどカエルのようなかっこうにしていますが、これが正常な状態で、無理に引き伸ばしてはいけません。
股関節脱臼が疑われる場合、おむつのあて方(股に厚くあてる)や抱き方(ガニ股の状態で抱く)を注意するだけで落ち着く場合と、リーメンビューゲルという特殊なベルトを使っての治療を必要とする場合があります。
 
お二人とも、完全な股関節脱臼と診断されたわけではないので、おそらく心配のないものと思われますが、念のため小児を専門としている整形外科を受診するとよいでしょう。
小児を専門としている(小児を多く診ている)整形外科の医師は保健所等に相談すると紹介してもらえます。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top