赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

市販薬の使い方

便秘のときの市販薬の使い方は?

便秘がちで、薬局からマルツエキスをすすめられました。日常的に使っても大丈夫でしょうか。飲ませると確かに便通がよくなるのですが。(3カ月 りょーママ)

便秘が続いています。病院で浣腸をしてもらっていますが、毎回行くのも大変で困っています! 離乳食も野菜中心にしていますが、市販の浣腸はどのくらいの頻度で使用してもいいのでしょうか?(6カ月 たかとも)

マルツエキスはゆるやかな発酵作用で腸の動きを活発にさせ、排便を促します。穏やかな効き目なので、お母さん方が気楽に使える便秘治療薬ですが、便秘がちなときは、それ以前にプルーンエキスやオリゴ糖といった食品も試してみる価値があります。

プルーンエキスはプルーンの果肉をジャム状にしたもので、そのままなめてもいいし、白湯に溶かしてジュースにして飲むこともできます。乳児では、ベビー用のプルーン果汁というのもいいですね。プルーンは果物のなかでも繊維が多く腸の動きを活発にします。

オリゴ糖は、はちみつの容器のようなものに入って市販されています。お砂糖のかわりに白湯に溶かして飲ませたり、離乳食作りにも使えます。

マルツエキスは麦芽糖を主成分としていますが、食品ではなくあくまでも薬品です。用法・用量を守って使う分には大きな心配はないものの、マルツエキスを常用しないと排便がない場合は、一度小児科で相談しましょう。
かんきつ類の果汁には便通をよくする作用がありますし、離乳食を開始すれば離乳食の内容で便通をよくすることも可能になります。飲み物や食べ物でのコントロールが難しいとき、たまに使用するならマルツエキスはとても便利ですが、便秘の原因も探っておきたいですね。そうしたことも含めて、小児科では相談に応じてくれるでしょう。

一方、たかともさんは、頑固な便秘のようですね。どのくらいの間隔で病院で浣腸してもらっているのかは不明ですが、主治医が必要と診断して使用している限りは問題はありません。
ただ、市販のグリセリン浣腸をお母さんの判断で使うとなると話は別です。市販のグリセリン浣腸は基本的に1歳からの使用となっていますし、腸管を刺激して強制的に排便させる薬なので、頻回に使うと浣腸がないと排便できない状態に陥る心配があります。通院ではなく、自宅で市販の浣腸を使ってもよいかどうかは、主治医の指示を仰いでください。

1歳を過ぎて頑固な便秘に悩み、市販の浣腸を使ってみようかと思案しているお母さんも少なからずいらっしゃるかもしれませんね。
数日以上排便がなく、肛門付近で便がカチカチになっていて、便意はあるのに排出できなくなったときは、浣腸で出すことが必要です。しかし、それ以前に便を軟らかくする処方薬もあるので、しつこい便秘が続いているときは、ギリギリまで待たずに早めに小児科で相談しましょう。赤ちゃんにも安心して使える緩下剤がありますから、そうした薬を処方してもらうことをおすすめします。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top