赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

夜泣きについて

夜泣きをするのは母乳のせい?

生後7カ月頃から夜泣きが始まり、回数は少なくなったものの、2歳を過ぎた現在も毎晩夜泣きをします。上の子も同じように夜泣きをしました。2人とも母乳育児で下の子はまだ卒乳できていません。夜泣きは母乳の影響なのでしょうか? そろそろ3人目が欲しいと思っていますが、夜泣きがひどいと3人目は母乳でない方がよいのか悩んでいます。それとも他に原因があるのでしょうか。(ちゃろママ 2歳1カ月)

まず、2人のお子さんを母乳で育ててこれたことは、母乳で育てたくても十分に出なかったお母さんから見れば羨ましいことです。
母乳だから夜泣きするということはないので自信を持ってください。3人目の赤ちゃんができたら、ぜひ母乳で育ててください。
 
しかし、おっぱいは子どもの心を落ち着かせ、安心させるアイテムではあっても、成長につれ卒業しなくてはいけないものです。母乳の出がよいので今まで続いていたのかもしれませんが、おっぱいを吸わなくても安心できるという状態にもっていくことが大切で、それがやがては夜泣きを脱することにつながります。
 
夜中、眠りが浅くなり夢をみたとき、お母さんが近くにいないと不安で、泣いてお母さんを求めます。そのときも、おっぱいでなだめるのではなく、体に触れたり背中を軽くたたくなどほかの方法で落ち着かせてあげましょう。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top