赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

母乳育児の不安

1歳近くなると母乳の栄養はなくなるの?

母乳は免疫力を高めると聞いて、ずっと母乳をあげてきました。その一方で、半年~9カ月を過ぎると母乳は栄養がなくなると書かれているのを目にし、先日初めてかぜをひいたこともあって不安を感じています。離乳食は順調ですが、まだ母乳を欲しがります。たとえ栄養がなくても、母乳をあげ続けるべきでしょうか? それとも卒乳を考えたほうがいいですか?(11カ月 マチまま)

分娩直後に分泌する初乳には免疫物質をはじめ、たんぱく質や灰分が多く含まれていますが、その後、成乳になるとたんぱく質や灰分は減って、脂質や糖質が増えてきます。
 
これは母乳の栄養が減ったわけではなく、赤ちゃんの発育に応じて成分を変えてきているからです。したがって母乳の栄養価がゼロになるわけではないのですが、母乳さえ飲ませていれば安心と過信するのも禁物。離乳食からの栄養が大半を占めるこれからは、母乳のウエイトを減らしていく必要があります。母乳には栄養面だけではない、安心感やスキンシップの効果もあるので、無理にやめずに自然の卒乳を待てばよいでしょう。
 
なお、かぜをひいたのは母乳の免疫効果が薄れたことも原因のひとつですが、かぜのウイルスは何百種類もあり、母乳の免疫だけでは守りきれません。これから、かぜをひく機会も増えます。今後はかぜをひきつつ自前の免疫を獲得していく時期なので、深刻に考えないでください。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top