赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

健診の気がかり

耳の聞こえが心配、と言われた

3カ月健診のとき、先生が音の出るおもちゃで誘ってもそちらに顔を向けませんでした。「耳の聞こえが少し気になるので、様子を見ましょう」と言われてすごく心配です。(しーちゃん 4カ月)

音の出るおもちゃで誘って耳の聞こえを確かめるのは、3~4カ月健診でよく行なわれます。ところが、この頃は向きぐせの強い赤ちゃんも多く、聞こえてはいてもそちらに顔を向けないこともあります。また、健診のときに眠かったりすると、きちっと反応しないこともあるのですね。

本当に聞こえが悪いかどうかは、毎日一緒に過ごしているお母さんのほうがずっとよくわかります。
ふだん、家の中で大きな音がしたときにビクッとしていませんか? 耳の聞こえが悪ければ、こうした反応は鈍くなります。また、少し離れたところ(赤ちゃんの視野にお母さんが入っていないところ)から声をかけたりガラガラなどの音を聞かせたとき、そちらを向こうとしませんか? これも、聞こえのチェックになります。

こうしたことはちゃんとできているでしょうか。そうでしたら、あまり心配することはありません。たった1回の健診より、日頃のお母さんの観察のほうが役に立ちますよ。そのうえで、やっぱり聞こえていないように思えたら、耳鼻科を受診しましょう。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top