赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

お薬の上手な飲ませ方・使い方

粉薬の飲ませ方は?

まだ鼻かぜくらいで、シロップしか飲ませたことがありません。今後、粉薬が処方されたら、どうやって飲ませたらいいのでしょう。(まなたんまま 6カ月)
 
持病があってシロップと粉薬が複数処方されています。粉薬は水に溶けにくく、乳首を使っても詰まって飲ませにくいので注射器を使っていますが、すごく嫌がります。どうしたら、嫌がらずに飲めるようになるのでしょう。(デカレンジャー 2カ月)
 
ゼリー状のオブラートを使ったり、アイスクリームに混ぜたりと、いろいろ試してはみるのですが、月齢が進むにつれ味の違いがわかるのか粉薬はまったく受け付けません。シロップなら牛乳に混ぜると飲んでくれるのですが。(サクマ 1歳10カ月)

粉薬は大人でも飲みにくいことがあり、赤ちゃんにどうやって飲ませたらよいのか悩みますね。
粉薬には、シロップをフリーズドライにしたドライシロップや、もともと粉末のものがあります。ドライシロップは比較的水に溶けやすいのですが、粉末や複数の薬を混ぜたものの中には水に溶けにくいものもあります。
 
まず、粉薬もシロップ薬同様、食前の空腹時に飲ませたほうがうまく飲んでくれます。飲ませるときは、水で溶いてシロップにするのが1つの方法。溶けにくい場合やシロップを嫌うときは、ごく少量の水で練り、ペースト状にしたものを口の上あごや頬の内側に薄くのばすように塗りつけ、それから白湯やミルクで飲み下させます。
水に溶けにくいものほど、薬団子(ペースト)にしたほうがいいですね。薬包紙の中に少量の水を入れてこねるというお母さんもいましたが、それもアイデアです。
 
また、薬を処方されたら、お母さんが必ず味見をして、どんな味がするか知ってから飲ませましょう。苦い薬なら甘みを足すなど何らかの工夫が必要になりますし、おいしければ「おいしいよ~」とにっこり笑って与えることができますね。赤ちゃんはお母さんの表情や雰囲気に敏感です。お母さんがリラックスしていると、ムードに誘われてまずい薬もゴックンしてしまうもの。ぜひ演技上手になってください。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top