赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

市販薬の使い方

肌あれや湿疹に市販の塗り薬を使うときは?

離乳食の食べこぼし等で口の回りがあれてカパカパに乾燥してしまいます。赤ちゃんのお肌の保湿のために、市販の湿疹用の薬を常用するのはよくないのでしょうか? (9カ月 しもっこはるるん)

ワセリンを薬局で購入して使っています。かさかさした頬やおむつで赤くなっているところに使っていますが、使用条件を見てもどこに使ってよいとは書いてありません。どういった症状のときに使えばよいのでしょうか? (3カ月 晃ちゃんママ)

まずワセリンは、原則的に目の中、口の中以外は全身どこでも使えます。
病院で処方される多くの軟膏の基剤としてワセリンは使われていますし、保湿・皮膚の保護のために最も安全であり、安心して使えます。使用による副作用もありません。
ただ、病院で処方してもらうワセリンと市販のワセリンでは若干純度の異なるものがあるので、赤ちゃんがなめてしまったり目に入ってしまったときのことを考えると、処方薬のワセリンのほうが安心です。これは、目に入ってもなめてしまっても心配ありません。

そのほかに、皮膚炎の薬には非ステロイド系とステロイド系の塗り薬があります。

非ステロイド系抗炎症剤は、軽度の湿疹やおむつかぶれに有効です。生後1カ月くらいから使ってもかまわないでしょう。

ただ、きちんとした診断を受けていない状態で市販薬を使った結果、感染性の皮膚炎を悪化させて入院治療を必要とするようなお子さんも時々見かけます。軟膏も内服薬同様、数日使っても症状が改善しなければ、早めに小児科か皮膚科を受診しましょう。

一方、ステロイドの塗り薬の使用にあたっては、十分な注意が必要です。
というのも、ステロイドの塗り薬にはweakからstrongestまで5段階の分類があり、顔と身体(胴体や手足)、子どもと大人などで使い分けが必要だからです。基本的に顔にはweakか次のmild程度のものを使います。どうしても必要な場合でも、ごく弱いものを短期間使用して様子を見るべきで、医師の処方が原則です。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top