赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

おねしょ

日によっておねしょする日としない日があるのはなぜ?

ふだんはほとんどおねしょをしなくなりましたが、夕食を外で食べた日に限っておねしょをします。また、すいかやメロンを夕食後に食べさせた日もおねしょをします。(ぷっち 4歳5カ月)

春や秋にはおねしょをほとんどしないのですが、夏と冬は毎晩です。昼間は保育園に通っていて、帰宅は6時過ぎ。夕飯ができるまでにおやつを食べ、夕食後に入浴。飲み物を飲んで8時半頃就寝です。(ハナ 5歳6カ月)

ぷっちさんのお子さんの場合、外食後におねしょするというのは、塩分の過剰摂取が原因と思われます。外食は味つけが濃いため、どうしても塩分をとりすぎになりがちです。

食事中の塩分量が多いと、体内では一定のバランスを保とうとする働きが起こるため、食後に飲んだ水がいったん体内に貯留されてしまいます。つまり、むくみのような状態になるわけですね。その後、バランスがとれた状態になってから、一気におしっこをつくりはじめるために、ふだんなら寝る前に排尿できる水分が、夜中に持ち越されてしまうのです。これがおねしょの理由と考えられます。また、果物はそれ自体水分が多いのと、利尿作用を促すカリウムが含まれるため、就寝直前に食べるとおねしょの原因となります。

このようなことによる夜尿を防ぐためには、夕食を外食するときには、少し早めの時間帯(就寝前からさかのぼって3時間前には食事を終えられるように)に食べるようにしてみてください。また、利尿効果の高い果物は、夕食後のデザートにせず、朝・昼食のデザートや昼間のおやつとして与えるようにしましょう。

一方、ハナさんのお子さんの場合は、夕方から夜間にかけての水分摂取が多いためのおねしょと思われます。とくに夏は、発汗が多くのどがかわくため、帰宅後にジュースやお茶を多量に飲んでいるのではないでしょうか。また、冬は、夏ほど飲み物を飲まなくても、汗をかかないためにおしっこの量が増え、おねしょが起こりがちです。

おねしょを恐れるあまり、飲み物を極端に制限する必要はありませんが、夕食後ののどの渇きに対しては、冷凍庫で作った氷をひとかけらなめさせて対処してみましょう。コップでお水を飲むと少なくても50mlになってしまいますが、氷なら1個10~15mlですみます。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top