赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

おねしょ

おねしょが治らないのは、甘えが原因?

6歳になったのに、毎晩おねしょをします。しかし、本人は全く気にしていません。ひとりっ子で同居の祖父母がいつも細かく面倒を見てくれ、おねしょの後始末も全部してくれます。おねしょが治らない原因に、そうした精神的な甘えがあるのではないでしょうか。(ともこ 6歳6カ月)

幼児期から6歳になる現在も毎晩おねしょということであれば、ともこさんのお子さんは「夜尿症」が疑われます。夜尿症の原因は複雑で、おしっこをつくる機能や睡眠リズムの障害、あるいは自律神経系の未熟さなどが微妙に絡み合っていると考えられます。こうした生理的な面での未熟さは自然の発達を待つしかありません。しかし、子ども自身がおねしょを自覚し、精神的に自立していくことも、おねしょ卒業の大きな要素です。

このお子さんは日常生活全般について甘え(依存心)が強く、おねしょについても問題意識がないのかもしれません。このような場合は、6歳でおねしょをしているのは特殊なことなのだと自覚させるようにしていきましょう。精神的な「自立」を促し、結果として生活リズムを整えることは、おねしょ卒業に有効に働くからです。

それには、まず、汚れたパジャマや下着、シーツを洗たく機まで持っていくこと、自分で着替えることなど、おねしょの後始末を本人にさせることです。子どもはおねしょをコントロールできないものの、自分の排泄物の始末はできる範囲でやれるようにしなくてはなりません。そのしつけをしてよい時期であり、できる年齢です。これは、決しておねしょをしたことへの罰ではありません。さらに「おねしょ日記(おねしょの有無、そのほかの生活上の約束事などを毎日できたか、できなかったか記録するもの)」をつけさせてもよいでしょう。

おじいちゃんやおばあちゃんには、子どもの自立を促すためのことなのだからと説明して、過剰な手助けを控えてもらうといいですね。いきなり周囲の対応が変わると子どもも戸惑うかもしれませんが、そこはお母さんが「おねしょしちゃうのは仕方ないけれど、汚れたパジャマはちゃんと洗たく機に入れてね。着替えも自分でしようね」などと、うまく話してあげてください。そうしたことの積み重ねが、やがて子どもの自立心を育てることにつながります。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top