赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

おしりまわりの心配

病気でなくても下痢になるの?

以前は1日1回のうんちでしたが、最近、2~3回する日が増えてきました。2~3回目は少しゆるめです。機嫌はよく、鼻水やせき、熱などかぜの症状もありません。食欲もあり、離乳食も順調です。何が原因なのでしょう。(ユウタン 6カ月)

6カ月とのことですから、離乳食を始めて間もない時期ですね。ようやくスプーンに慣れたころでしょうか。

離乳食を始めたばかりの頃に「トドラーの下痢」と言って、一時的に下痢がみられることがあります。これは、母乳やミルク以外の食品に対する消化吸収力が未熟なために起こる下痢で、病的なものではありません。下痢がみられても、体重の増加は正常です。
この赤ちゃんもそのケースだと思います。新しい食品にひとつひとつ出会いながら、お腹も消化吸収力を高めている最中なのでしょう。初めての食品を食べさせるときは少量にとどめて、少しずつ量を増やしていくといいですね。お腹が慣れてくれば、便の回数も状態も落ち着いてきます。

また、この赤ちゃんとは別の話ですが、ロタウイルスやノロウイルスなどの感染性胃腸炎にかかった場合、お薬が必要なくなってからもしばらく便のゆるい状態が続くことがあります。お母さんは、薬の処方がなくなれば治ったはずと思いがちですが、炎症によってダメージを受けた腸粘膜は、再生に1~2週間はかかります。2~3日で修復できるわけではありません。
激しい下痢は収まったものの、便が以前よりゆるいというときは、離乳食を中断する必要はありませんが、消化のよいもの(おかゆなどの穀類や芋類など)を中心に、いつもよりやわらかく調理して食べさせ、腸粘膜に負担をかけないようにしましょう。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top