赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

うんちの気がかり

牛乳を飲むとうんちが白っぽくなるのはなぜ?

牛乳が大好きでよくホットミルクを飲むんですが、飲んだ後のうんちが必ずミルク色なんです。これは牛乳が体質に合わないということなのでしょうか?(1歳4カ月 あんぶれら)

牛乳を飲むとうんちが白っぽくなる、というケースはあまり耳にしませんが、どのくらいの量を飲んでいるのでしょう。1歳4カ月であれば離乳完了を迎えた直後くらいですから、主にカルシウムの補いとして1日合計400mlくらいの乳類(フォローアップミルクや牛乳)をコップやストローで飲むのが一般的です。

食後やおやつの時間帯に分けて飲ませるとしても、1回に飲む量はせいぜい100mlくらいでしょう。そうであれば、極端にうんちに変化が出ることはないように思います。逆に、欲しがるまま1日にたくさん飲ませていたり、ヨーグルトなど他の乳製品も摂取しているようなら、その結果、牛乳の乳脂肪によってうんちが白っぽくなることも考えられます。まず、飲ませる量を適量にとどめてみましょう。

お母さんの「体質に合わないのでは?」という質問は、アレルギーのことかもしれませんが、これまでミルク類を一切飲んでいなかったのならいざ知らず、1歳4カ月になって牛乳を飲んでミルクアレルギーを起こすということは考えにくいですね。単に便が白っぽいだけで、下痢や嘔吐、湿疹などの症状もないようですから、体質的に合わないという心配はしなくてよいと思います。

もっとも、食べ物によるアレルギーはいろいろなケースがあり、牛乳たんぱくに過敏で大人になっても牛乳を飲むと下痢をする人もいるので一概には言えませんが、この場合はむしろ量的な問題が大きいのではないかと思います。

離乳完了期頃から、牛乳を好むようになる赤ちゃんも多いのですが、牛乳は満腹感が大きいので飲み過ぎると食事の量に影響が出ることがあります。また、牛乳には鉄分やビタミンが十分含まれていないので、牛乳ばかり飲んでいて食事量が減ると、栄養バランスを損ねる場合があります。うんちのことだけでなく、そうした面からもほどほどの量にとどめておきましょう。

なお、ミルクアレルギーに関して言うと、牛乳はミルクやフォローアップミルクに比べてたんぱく質の分子が大きく、1歳前の赤ちゃんには消化・吸収しにくい面があります。たんぱく質の分子が大きいまま腸管を通過すると、もともとの体質を揺さぶってミルクアレルギーを起こすこともあります。加熱調理して離乳食に使う分には1歳前からでもかまいませんが、ミルクに代わる飲み物として与える場合は、必ず1歳を過ぎてからにしましょう。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top